サボログ×てんログ

※ブログ説明※

MENU
しばらく商品紹介、アプリ紹介多め!

スーパーファミコンミニを購入してみた!内臓ソフトは20タイトル以上

f:id:shironopoem:20180912232219j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

私はバリバリのスーファミ世代です。

 

最近、スーパーファミコンミニ(SFCミニ)を購入したのでちょっと感想を書いてみます。

 

ただし、まだ遊び倒したという訳ではありません。

 

こういうものは、どのくらい自分にヒットしたゲームがあるかで、ガラッと評価が変わると思うので、あくまでも自分の感覚ということになります。

 

つまり、ただの私の感想みたいなものです。

 

 

購入動機

ファミコンミニ(FCミニ)が再販するというので、ちょっと欲しくなってきました。

 

そこで内臓ゲームを調べてみました。

 

30タイトルで以下になります。

 

私の知ってる(というか、やったことがある)ゲームは★がついているものでした。

・ドンキーコング
★マリオブラザーズ
・パックマン
・エキサイトバイク
・バルーンファイト
☆アイスクライマー
・ギャラガ
・イーアールカンフー
★スーパーマリオブラザーズ
★ゼルダの伝説
☆アトランチスの謎
☆グラディウス
☆魔界村
☆ソロモンの鍵
・メトロイド
・悪魔城ドラキュラ
☆リンクの大冒険
・つっぱり大相撲
★スーパーマリオブラザーズ3
・忍者龍剣伝
☆ロックマン2
・ダウンタウン熱血物語
・ダブルドラゴンⅡ
・スーパー魂斗羅
★ファイナルファンタジーⅢ
・ドクターマリオ
・ダウンタウン熱血行進曲
・マリオオープンゴルフ
★スーパーマリオUSA
☆星のカービィ 夢の泉の物語

 

まさかの6タイトル、つまり5分の1しかありませんでした笑。

 

全然知ってるゲームが無い!

 

恐らく、平成生まれの私より一回りか、もう少し上の方はクリティカルなのではないでしょうか。

 

これではもったいないので、プレイ動画等を見て、ワンチャンプレイする可能性があるものに☆をつけてみました。

 

これで合計14タイトルでした。

 

本体価格は6000円くらいなので、3000円分くらいは無駄にすることになります。

 

うーん、微妙。

 

更に調べていくうちに、SFCミニというものがあることに気づきました。

 

内臓タイトルは21個で以下になります。

 

とりあえず、今度はやったことがあるもの、興味があるものに◎をつけてみます。

◎スーパーマリオワールド
・F-ZERO
・スーパーフォーメーションサッカー
◎ゼルダの伝説 神々のトライフォース
◎超魔界村
◎がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
◎スーパーマリオカート
・魂斗羅スピリッツ
・スターフォックス
◎スーパーストリートファイターII
◎ロックマンX
◎聖剣伝説2
◎スーパードンキーコング
・スーパーメトロイド
◎ファイアーエムブレム 紋章の謎
◎ファイナルファンタジーVI
◎パネルでポン
◎ヨッシーアイランド
◎星のカービィ スーパーデラックス
◎スーパーマリオRPG
・スターフォックス2

 

うほ、半分超えた!

 

そこはSFC世代、こっちはかなりわかるぞ。

 

しかもパッと見神ゲーが散見されると。。。

 

即購入しました。

 

ちなみに、私がこの中で特に好きなゲームは、スーパードンキーコング、ヨッシーアイランド、スーパーデラックス、ファイナルファンタジーⅥになります。

 

ここらへんが被る人とは是非仲良くなりたいものです。

 

実際にプレイしてみて

いつでもセーブできる、中断セーブ機能が超便利でした。

 

やっぱり急に辞めたい時ってありますよね。

 

そして、ドンキーコング、ヨッシー、カービィと久しぶりにプレイすると何とも言え無い懐かしい気持ちになり、楽しかったです。

 

ただ、その中でも良い点、悪い点が見えてきたので以下にまとめます。

 

良い点

・これでもかというくらい有名どころというか、ヒットしたゲームを詰め込んであります。

この中で1作品も知らないという人はさすがにいないのではないでしょうか?

つまり、誰でも必ず楽しめます。

 

・手軽です。

SFCを押入れから引っ張りだし、ホコリを払い、コントローラ、ソフトがしっかり機能するのか確かめるor中古で本体とソフトを買ってくるという手間がありません。

 

・持ち運びが楽

小さいので、持ち運びが楽です。

 

・中断セーブが便利

前述した中断セーブ機能が便利です。

 

悪い点

・意外にセーブできるゲームが少ない。

中断セーブのことではなく、がっつりセーブのことです。

 

パスワードタイプのセーブのことでもありません。

 

パスワードタイプのセーブは、隠しパスワードで強い状態でスタートとか、最初から後半の面からスタートみたいなことが出来て萎えるので苦手です。

 

がっつり記録しますか?のセーブのことです。

 

たぶん、これができるのが半分もありません。

 

やり込みが好きな私にとって、がっつりセーブして長くプレイすることが出来ないのはわりとマイナスポイントでした。

 

まとめ

前述しましたが、がっつりセーブできるゲームが少ないです。

 

手軽さが最大のウリで暇つぶしにやるのに向いているとう印象。

 

自分は正直なところ、満足と後悔が3:7くらいの感じでした。

 

価格は8000円と少し高めですが、がっつりセーブゲーが少ないという点も考慮して、自分としては、この値段はちょっと高いかなーと思ってしまいました。

 

この内容で4000円以下なら神、5000円で普通、6000円でギリギリ及第点くらいかなと。

 

自分の場合、一応頑張れば押入れから引っ張り出してプレイできる状態にあるということも評価を下げている原因かもしれません。

 

自分で内臓するソフトを選べるカスタマイズできる感じなら神で、10000円でも払う価値があると思いました。

お金に余裕があって、内臓ゲームが8割くらい自分に合って、どうしてもやりたいタイトルがあって、SFC準備が面倒でという人は8000円出して買う価値があると思いますので、是非検討されてみては如何でしょうか。 

www.saborite.com