サボログ×てんログ

「365日毎日更新!無限継続!」最終的に人生をサボるのが目標な社畜SEの雑記ブログです。社会人になってから資格を30個以上取得。資格取得・仕事(IT関連)・投資・ゲーム(FF・DQが特に好き)・ライフハック・節約・私的意見などについて書きます。

勉強会が合うかは人それぞれな件 マイペースに自己流でやる方が合う人もいる

f:id:shironopoem:20180914194150j:plain

どうも、数々の勉強会に参加してきたサボりてえんだーです。

IT業界といえば、勉強会というくらい勉強会が多いのがこの業界の特徴です。

常に新しい技術が出てくるし、資格取得が大切という風潮もあるのが要因だと思います。

私が参加したことのある勉強会の話の一部及び、考え方を紹介します。

どちらかというと勉強会をdisる内容になるため、勉強会を肯定している方、心酔している方は回れ右を推奨します。

 

 

早朝朝5時からの勉強会

国家試験である情報処理試験の勉強会をすることになりました。

情報セキュリティスペシャリストという、IT系なら誰もが知っている高度な試験の内の1つです。

先輩社員の方(超レベルの高い尊敬しまくりの先輩)と2人でタイマン勉強会です。

この時点で少しキツイ感じがありますが、私はその先輩と仲が良く、更にマジでこの資格に合格しようという気持ちが強く、「朝5時からどう?」という先輩の提案に二つ返事でノリノリでOKをしました。

朝5時といってもさすがに休日です笑。

最初の数回は気合で参加していましたが、朝5時ですので段々辛くなってきました。

メリットはわからないところを先輩に聞ける、朝が早いので勉強会に出ても、貴重な休日の時間が減らない(有意義に使える)くらいです。

結局疲れて途中で辞めてしまいました。

時間設定が無茶だったのが最大の原因でした(そりゃそうだ)。

 

定時後の勉強会

定時後に情報処理試験の勉強会をするという企画です。

強制参加ではなかったものの、出たくない時は強引に何かしら理由を作らないと休めないという強制参加に近いような雰囲気でした。

ただ集まって、自分で好きな様に勉強するというスタイルだったのは幸いでした。

定時後なので、激務の週などは勉強会なんてしたくない!という時もありましたが、出ないといけない雰囲気だったのは辛かったです。

惜しかったですね。

メリットをあげるとすれば、わからない箇所を人に聞けるということでしょうか。

強制参加の感じが無ければ、かなり良かったと思います。

 

昼休みの勉強会

ランチミーティングと称して、昼食を取りながらみんなでIT関連の勉強会を行うという企画に半ば強制的に参加させられていました。

内容は毎週持ち回りで何かしらIT関連のお題でプレゼンし、みんなが聞いたり質問したりするという内容でした。

昼休みは早めに飯を食べてしまい、休憩をするか、自分の本当に興味のある勉強時間に使いたかったので苦痛でしかなかったです。

IT関連の最新技術といっても、業務で使うことは無いだろうなという趣味丸出しのお題選出、逆に誰でもそれくらい知っているだろうという超初級な内容等、自分が興味の無い内容であることが9割以上でした。

それなのに、強制参加です。

更に、持ち回りなので自分の回では事前に時間を使って準備をしないといけないというのが酷かった。

本当に時間の無駄としか思わなかったです。

メリットをあげるとすれば、極稀に自分の興味のある分野で知らない内容の勉強になることでしょうか。

まずプレゼンターが初めに1つのお題に絞って内容を発表し、本当に興味のある人のみそれに参加するという形式であれば良かったと思っています。

 

まとめ

IT業界を志望している方は勉強会というものが「ありがち」ということは頭に入れておいた方が良いです。

しかも、決して良い勉強会ばかりではありません。

中には本当に良い勉強会もあるとは思います。

とりあえず、強制参加系はNGです。

勉強会のおかげでモチベーションが維持できて、資格に合格できたという話を楽しそうにする先輩もいますが、正直なところ勉強会が合うかは人それぞれだと思います。

確かに、みんなで勉強すればモチベーションを維持できるという側面はあると思いますし、またそれが自分に合っているという人もいるでしょう。

逆に、人と常に一緒に競ったり、教え合いながら、勉強をするのは疲れるという人もいます。

私ですが笑。

自分のペースで好きな様に勉強したい派です。

それで、勉強会を推してきた人達よりも数多くの資格を取れたのも事実です。

これからも相当自分に合った勉強会か、または本当に興味のある勉強会以外には参加するつもりはありません。

みなさんも、勉強会に出るか否かは良く考えて判断しましょう。