サボログ×てんログ

「365日毎日更新!無限継続!」最終的に人生をサボるのが目標な社畜SEの雑記ブログです。社会人になってから資格を30個以上取得。資格取得・仕事(IT関連)・投資・ゲーム(FF・DQが特に好き)・ライフハック・節約・私的意見などについて書きます。

車の運転中に煽られないようにする現実的な方法 事故やトラブル防止

f:id:shironopoem:20180920211525j:plain

どうも車好きのサボりてえんだーです。

昨今、東名高速の煽り運転による死亡事故などが話題になっています。

車を長く運転していると、自分が気をつけていてもどうしても頭がおかしいドライバーに遭遇することってあります。

少しでも、不要ないざこざを減らして、面倒に巻き込まれないようにしたいものです。

10年以上の運転歴(平日は平均2時間以上運転)の中で、煽られなくなる運転について考えたので共有してみます。

 

 

サンキューハザード

右左折で車の流れに合流する際に、親切な車が間を空けて入れてくれることがあります。

この時は、ありがとうの意味を込めてハザードでアピールします。

自分が入れてあげた時もサンキューハザードをされると、入れてあげて良かったなーという気になりますが、稀に一切アクションを起こさない車もいます。

この場合は、ちょっと残念な気持ちになります。

自分がされて嫌な事をしないということで、サンキューハザードは必ず行う様に意識しています。

また、ちょっと強引な合流をしてしまったな(汗)という時も忘れずにサンキューハザードです。

どちらかというと、煽られやすいのはこちらの場合かもしれません。

強引な合流をすると相手の車もイラっとして煽ってくる可能性が上がるので、忘れずにとりあえずやっておきましょう。

損はないです。 

 

バックミラーで後ろが渋滞になっていないことを確認

バックミラー、もしくはサイドミラーで自分の後ろが渋滞になっていないことを確認します。

稀に、大名行列を引き連れてゆっくり走っている車がいますが、恐らく本人は全く気付いていません。

たまに見かけると、一切後ろを気にしていないのかなとちょっと不思議に思うことがあります。

後ろの車達は、自己中な車だなーとめちゃくちゃイライラしていると思われます。

適正なスピードで進んでいれば、この様な状態になることはないので、大抵スピードが遅過ぎることが原因だと思われます。

この状態ですと、煽られてもしかたないですので、常に自分が行列の先頭になっていないかは確認する必要があります。

適正スピードで走っていて、この状態になっていたらしかたないですが。。。

みんなスピード出し過ぎ〜。 

 

わりと強引な割込をしてしまったら・・・

右左折で合流しようとしても、中々途切れない場合などにどうしてもちょっと強引といえる割込をしてしまう場合があります。

強引な割込をするということは、待てない=急いでいるということだと思いますが、稀に強引な割込をしたのにその後めちゃくちゃ遅い車がいます。

とりあえず車線に合流出来て満足みたいな感じかと思いますが、これはかなりNGです。

強引な割込をされても、その後スイスイとその車が進めば、あー急いでいたんだなと納得することが出来ますが、その後遅かったりすると行動に一貫性が無く、何のための割込だったのか謎です。

これだと割り込まれた相手もストレスになります。

割込まれるって、自分のペースが乱されるのでちょっと損をした気分にもなります。

私はちょっと強引に割込んでしまったなという場合は、アクセルを踏んで後ろの車に追いつかれないようにします。

後ろの車も追いつけなければ、割込みをされて損をしたという気持ちになりません。

 

車を買い換える

これはかなり極端な方法になりますが、単純に軽自動車より普通車、普通車の中でも高級車になる程煽られにくくなる傾向があります。

実際に以下の記事の途中で車を変えたら煽られなくなったという話をしていますが、実体験で今まで何度か煽られていたのに、車を変えたら一切煽られなくなったということがありました。

www.saborite.com

普段から気をつけて運転しているのに、どうしても煽られるという人は車の買い替えを検討しても良いのかもしれません。

本当に最終手段という感じだと思いますが。。。

 

まとめ

煽られないに越した事はありませんし、そもそも煽り運転をやる人が居なくなれば良いのですが、実際は一定数煽ってくる層っています。

正直な話、煽られても気にしなければどうってことありませんが、相手がエスカレートしてきて後ろからぶつかってくる等で事故に発展するリスクもあります。

普段から煽られる可能性のある運転に注意して少しでも面倒に巻き込まれるリスクを減らしたいものです。