サボログ×てんログ

「365日毎日更新!無限継続!」最終的に人生をサボるのが目標な社畜SEの雑記ブログです。社会人になってから資格を30個以上取得。資格取得・仕事(IT関連)・投資・ゲーム(FF・DQが特に好き)・ライフハック・節約・私的意見などについて書きます。

【初心者】ブログ開始1ヶ月時点で思う兼業でブログを書くメリット【私的意見】

f:id:shironopoem:20181009020958j:plain

どうも自称兼業ブロガーのサボりてえんだーです。

兼業でブログを書いてて、ぶっちゃけどうかということ、また自分から見た専業ブロガーについて書いてみます。
ちなみに、ここで専業ブロガーと書いているのはブログで生活している人を指します。
あえて初心者のこの時期だからこその自分の考え方を残しておきます。
半年とか、1年とかこのブログが続いた時に振り返って、当時はそんな考え方だったんだーがしたいです。

 

 

兼業でブログを書く

メリット

ブログがダメになっても収入の保証がある

これが、一番大きいと思います。

普通に働いている人の働く理由は基本的にお金であることが大半でしょう。

ブログ1つで生活をしていて、急にアカウントがダメになるとか、googleの検索アルゴリズムの変動で流入が無くなると収入が減ると聞きます。

そうした時に他にお金が入ってくる手段がないのとあるのでは全然違います。

というか、手段がない詰むと思います。

生活費、子供の学費、各種税金、冠婚葬祭、その他お金がいるシーンを考えるとキリがありません。

 

たぶん、社会的信用とかもある

専業の場合は事業化とかしてないなら、クレジットカードが作れないとか、お金が借りれないといった問題があると思います。

どっちもすぐに出来なくても問題はありませんが、不便ですね。

クレジットカードとか便利過ぎて常に使っていますし。

私の場合は、amazonや楽天で物を買う時も、海外に行けばホテルの支払いも、日頃の車のガソリンを入れる際までも全てカードです。

 

人の目

個人的にはどうでもいいと思っていますが、わりと気にしてくる人が多いのが現実。

あの人は働かずに(実際には部屋でブログを書くという働き方をしていても)いつも家で何やってるの?という目で見てくる人が少なからずいると思われます。

自分が気にしないという人にとってはノーダメージですが、気にする人は疲れてしまいます。

 

兼業ブロガーは、投資に例えると分散投資の状態かなと思います。

他の様々な保証がありつつ、追加の収入を得るようなイメージでしょうか。

 

デメリット

時間をかけられないのが最大にして唯一のデメリットだと思います。
体力やメンタルの強さによるとは思いますが、物理的に時間が取れないこともあれば、精神的にブログどころではない日もあります。
実際に休日にある程度書き溜めたり、カスタマイズは進めないときついです。
今私の場合でやれることはざっと以下になります。
・記事を書く(最低ラインとして、1日1記事投稿のため)
・ブログのカスタマイズ
・広告関連の作業(マネタイズ?)
・PVを増やすための作業
・SNS関連作業
この中の1つだけしか出来ない日も多いし、仕事で疲れすぎてほぼ何も出来ずに終わることもあります。
毎日投稿をしていると、こういう時にストックが無いとアウトです。
ぶっちゃけ毎日投稿については1日アウトになったくらいでどうしたみたいなことがありますが、最初に決めたポリシーなので守りたいです。

 

専業でブログを書く

なってないのでわかりませんが、自分がなった場合を想定しつつ考えてみます。
憶測ですが、ほぼ兼業の逆でしょう。
ブログにかける時間はあるが、ブログが稼げなくなったら詰み。
恒常的に稼げている人はそこらへんしっかり考えていそうなので、他にリスク分散しているとは思いますが。
運とか周りの助けで何となくやっていけてる人はヤバそうなイメージです。

兼業は時間を代償にして保証を得ている状態ですが、専業は逆で保証を無くして時間を取っている状態でしょうか。
投資でいうと、集中投資のような状態だと思います。

仕事が嫌で、ブログやりだして成功したという人もいますが、ある意味賭けに近いと思います。
それで奮起している面もあるかもですが、ブログで失敗したら詰むリスクが大き過ぎる。

ただ、自分の好きな時に好きなことをしつつブログ記事を1日1つか2つ書いて生活しているという人を見ていると、とても羨ましいと思います。

 

最強は専業主婦ブロガーか

保証もありつつ、時間も取りやすそうです。
子供の人数と年齢によって忙しさが変わると思いますが、かなり強者であり、旦那も協力的な方であれば、まさしく最強だと思います。
メンタル的にも時間的にも最優位だと思います。
私の嫁も専業主婦なので、何となくそこらへんのことがわかります。
中には本当に死ぬ程忙しい専業主婦の方もいそうですが、10人兄弟でも回せてる大家族のお母さん的な番組とか見てると、大抵がそうだと思いますが子供が3人以下の場合は工夫して効率的にすれば何とかなりそうな気がします。
今は子供の数も少ないですし。
サラリーマン兼業ブロガーからしたら、本当に羨ましいです。
ブログがダメでも、旦那がしっかり稼いできてくれれば特に何もありません。
実質ノーリスクとも言える。
絶対に出ないといけない会議、突然の作業、長時間残業、上司からの暴言、ノルマへのプレッシャーなど考えればキリがありませんが、ここらへんがほとんどないと思います。
他に忙しいことあるわ!という声も聞こえそうですが、サラリーマンのここらへんのリスクはマジで厄介です。
サラリーマンで下手したら、ほぼ全部当てはまる人もいると思いますが、本当にブログどころではありません。

 

まとめ

現時点では先が見えないので、すぐに辞めることはできませんが最終的には時間が欲しいので、仕事を辞めたいのが本音です。

仕事が嫌というわけではありませんが(嫌だけど)、単純に時間が欲しいというのが一番の理由です。

例えば、子供と遊ぶ時間とか、趣味の資格の勉強をする時間など。

ですが、今こうして改めて整理してまとめてみると、専業ブロガーのリスクはとんでもなく大きいということがわかりました。

専業ブロガーになるには、ブログだけならとんでもない額(それこそ月7桁クラス)の収益があげられる、またはブログ以外の収益源が大前提となる気がします。

資産形成のための1ツールとしてブログもやっているわけですが、ブログに括って考えると間違いなく成功者である専業ブロガーは本当に羨ましいと思っていますし尊敬しています。