サボログ×てんログ

「365日毎日更新!無限継続!」最終的に人生をサボるのが目標な社畜SEの雑記ブログです。社会人になってから資格を30個以上取得。資格取得・仕事(IT関連)・投資・ゲーム(FF・DQが特に好き)・ライフハック・節約・私的意見などについて書きます。

派遣先で頑張っても効果が薄い話 程々に力を抜くべきだと思う【IT業界】

f:id:shironopoem:20181012214500p:plain

どうも派遣会社で働いたことがあるサボりてえんだーです。

人材派遣専門の会社じゃなく、IT業界にくくっての話になります。

IT業界ではIT企業とうたいながら、実態はただの人材派遣会社というケースはよくあります。

特に小さい企業では多いです。

ITの派遣先で死に物狂いで働いてもメリットは小さいと思うので書いてみます。

 

 

昇級までが遠い

派遣元の会社で評価されて給料を上げるためには、次の2段階のプロセスを経ないといけません。

派遣先で評価される→派遣元の会社で評価される。
2段階の審査を通って初めて昇級額に反映される可能性がある

可能性があるというところがブラックポイントですね。

 

まず派遣先で認められるか

定期的なアウトプット

派遣先で評価されるためには、定期的に大きなアウトプットを上げる必要があります。

これが意外と大変。

たまたま調子が良くて、単発で大きなアウトプットを上げても派遣先では評価されにくいです。

おー良い仕事したね!ありがとうで終わるケースが多い。

大きなアウトプットを継続する必要があります。
これが普通に大変。
めちゃくちゃ疲れますよ。
鬱になる人も多いIT業界の仕事ですよ。

常に気を張って仕事を頑張り続けれる人はどれだけいるか。

 

適切な評価をされるか

そもそもアウトプットを上げても、頑張りが認められる環境であるかは運ゲーです。

派遣先の財務状態が芳しくない場合は、派遣先は評価を上げようにも上げられません。

この場合は、ありがとうで終わる可能性も高いです。
端的に言えば、頑張っても無駄です。
派遣先としてはコスパが良いので喜びますが、派遣先だけ喜んで終わりのパターンですね。
一番最悪の場合は更に作業を増やす可能性もあります。
これは給料は変わらないけど、作業量だけ増えるので、本当に最悪なパターンです。

 

次に派遣元の会社で評価されるか

実際に働いているところが見えない

派遣先で死に物狂いで働いていても、派遣元の企業に頑張りが伝わるとは限りません。

派遣先が適切に評価をしてくれない会社だった場合は、作業量5を10頑張ったところで、派遣先が5と派遣元に伝えたら派遣元の評価は5になります。

頑張った作業量5は無駄働きです。

これを回避するためには、自分で派遣元にこれだけ働きましたと直接伝えることですが、派遣元は実際に働いているところを見ているわけではないのでどれくらい頑張ったかがいまいちわかりません。

正直は話、報告を水増ししたりもやろうと思えばできます。

そんな状態で適切に評価出来るとは思えません。

 

そもそも派遣元がコマとしてしか思っていない場合

ダメな会社だと、いくら頑張っても良かったね会社のためにありがとう^^ で終わります。
派遣元が社員を所詮、コマの1つとしか認識していない場合です。
会社だけ儲かれば良いという考え方の場合はこういうケースも普通にありえます。 
文字通りたたの歯車です。

 

どうでしょうか?

2段階の評価を乗り越えないといけない。

しかも、運によるところも大きい。

派遣スタイルの会社で給料を上げる難易度は予想以上に難しいです。

 

アウトプットを出してかつ直談判はあり

しっかりしたアウトプットを上げていることが伝わる環境ということが前提ですが、派遣元の会社に給料をあげてと直談判すると成功するパターンが稀にあります。

というか、私は実際に給料が上がりました。
通常期待されている量以上のアウトプットを上げていない状態だと、給料をあげてと伝えても、派遣元も「 は!?」で終わりです。 
ですが、アウトプットを上げられる人材ということが伝わっていると、有能な人材なら転職されても困りますし、派遣元会社側も給料を上げざるをえません。

ITの派遣だけでやっている会社は常に人材不足だったりもしますので。
私の場合は、会社の面談でアウトプットをこれだけ上げているということと、最悪は転職も視野に入れているというようなことを絶妙なバランスで伝えました。
通常は3000円程度、めちゃくちゃ上がる人で5000円昇級する会社で、8000円昇級しました。 
これは中小企業の平均と比べても、間違いなく大きな昇級額になります。

 

まとめ

他に資産を増やす方法が無いがどうしても、急いでお金が必要という場合は派遣先で頑張るのもありかもしれません。
これは唯一モチベーションになりうると思います。
むしろ、これ以外の理由で派遣先で必死に頑張る理由はありません。
ただし、残業代がきっちり出るという環境という条件も必須です。
上記に当てはまる場合は体を壊さない範囲で頑張りましょう。

急いでお金が必要ないのであれば、そういった企業で消耗するよりも、転職してしまうのが良いかもしれません。