サボログ×てんログ

「365日毎日更新!無限継続!」最終的に人生をサボるのが目標な社畜SEの雑記ブログです。社会人になってから資格を30個以上取得。資格取得・仕事(IT関連)・投資・ゲーム(FF・DQが特に好き)・ライフハック・節約・私的意見などについて書きます。

【ゲーム】テリワンプレイ日記10 ワンダーランドってこういう意味だったのか的な

f:id:shironopoem:20181121222903j:plain

10回目のテリワンプレイ日記です。

ここ10回連続でテリワンのことしか書いていませんでしたが、毎日連続のテリワン日記としては最後になります。

 

 

プレイ時間

41時間

 

昨日は深夜1時くらいに速攻で寝てしまってあんまりプレイできませんでした。
だんだんやることが無くなってきて気が緩みましたかね(笑)
ゲーム中に寝落ちていましたw

 

進捗

作ったモンスター

「海王神」GサイズSSランク

「大魔王の右手」SサイズDランク
「大魔王の左手」SサイズDランク

 

f:id:shironopoem:20181121223130p:plain

「海王神」という響きだけ聞くとドラゴン○ールですが、漢字も違えば、見た目はまるで違います。
糞でかい髭のおっさんのような見た目。
「グラコス」と「ダークドレアム」という、そこそこの配合素材で作成できます。
素材の「グラコス」は個人的にかなり好きなモンスターなので作成時はちょっと嬉しかったです。
完全にドラクエ6からの出演というだけで好きというw

 

f:id:shironopoem:20181121223247p:plain

デスタムーアセットが揃いました。
意味はありません(笑)。
両手それぞれに「ハーゴン」と「オルゴデミーラ」を使いました。
ただの手にしてはそこそこ豪華な素材。

そしてAランク以上の魔物を使ったのにDランクw

よく考えたらただの「手」ですからね。

一応大魔王の手なんだけどな。。。
ドラクエ6では表のラスボスでしたが、デザインがかなり秀逸です。
明らかに異質でラスボスだと一目でわかりますね。

 

クリアした旅の扉
・めぐりあいの扉

 

めぐりあいの扉

こちらもきぼうの扉と同じでボスがいません。
つまりクリアという概念はありません。
ボーナス要素に近いと思います。
きぼうの扉と対をなす感じでしょうか。
きぼうの扉が経験値のための扉だとしたら、こちらは配合のための扉ですかね。
自分が1度でも過去に作成したモンスターがランダムで歩いています。
全40階層で5階層毎にランクが上がっていきます。
最後の方の階層には普通にSSランクの化け物や魔王がうようよ歩いている光景はある意味面白いです。

f:id:shironopoem:20181121223405p:plain

f:id:shironopoem:20181121223412p:plain

「ドーク」や「りゅうおう」といったレアモンスターが普通に複数体歩いています。

更に、大型モンスター「龍神王」などもいます。
おまけに通常より多少スカウトしやすくなっている始末。

いたれりつくせりとはまさにこのことです。
まさに夢の国(ワンダーランド)です。
3D版からの追加要素ですが、ある意味タイトルにかかっていますね。
ここで伏線?回収してきたかーみたいなことを勝手に思っています。
配合表を見ると「竜神王」2体をはじめとして明らかに無茶振りで意味不明な素材要求が散見されましたが、このめぐり合いの扉を使えばだいぶ楽になりますね。
昨日ちょろっとやっただけで、「竜神王」3体と「神鳥レティス」3体をはじめとしてレアモンスターを短時間で多数入手しました。
はっきり言うと、ただのチートな扉です。
レア度の概念がぶっ壊れますw
ですが、なぜか入場料として60000Gを請求されます。
ちょっと意図がわかりませんが、きぼうの扉と同じで楽々入れないように心理的な足かせを一応つけてきている感。
ぶっちゃけ前回のテリワンプレイ日記でも書きましたが、お金はここまで来ると余ってきます。
らくらく冒険で無限に貯まるので、60000Gははした金です。
とりあえず、ここの扉を使えば究極配合も楽にできます。
実際に「サージタウス」も究極配合しました。
究極配合するとめちゃくちゃ強くなりますね。。。

 

今後やること

配合の終着地点の大魔王マデュラージャを目指す

「真魔王・ザラーム」、「魔王オムド・レクス」、「魔戦神ゼメルギアス」、「ガルビルス」の4体配合です。
4体配合の中では最高難度だと思います。
まず、「魔王オムド・レクス」と「ガルビルス」は一昨日くらいまで、存在を知りませんでしたw
むしろ、こいつ自身の存在も知りませんでしたからね。
てっきり「魔戦神ゼメルギアス」が最後だと思っていましたら、まさかの素材で驚きました。
ちなみに、今は「真魔王・ザラーム」のみ揃っています。
先が長過ぎる気が。。。

 

図鑑コンプ

現状はこんな感じです。

f:id:shironopoem:20181121223922p:plain

モンスターコンプ率「62%」。
昨日「グラコス」を作成したら0.1%増えました。
1体で0.1%って気が遠くなりますね。
埋める意味があるのか、実際に埋めることが可能なのかはぶっちゃけわかりません。
飽きるまでやってみようとは思います。
なお、タマゴや他国マスターからしか入手不可能なモンスターも一定数いるので、ある程度運ゲーの要素が絡んでくるみたいです。
なので、それなりに期間はかかりそうです。
たぶん、前述した「大魔王マデュラージャ」より難しい気がしています。
そもそも、ちょっと調べたらまだ誰1日持っていないモンスターがいて未だ達成した人がいないとか何とか。
恐らく配信とかかなとも思っていますが、まだわかりません。

 

黄金郷の解放

黄金郷という隠し要素がある模様。
全然知らなかったです。
とりあえず普通にプレイしていたらまず入手できない激レアモンスターが手に入るらしいです。
ちょっと解放を頑張ってみます。

 

友達との比較

進捗的にはほぼ同じくらいの友達と比較してみました。

友達のプレイ内容。

f:id:shironopoem:20181121224157j:plain

私と比べると戦闘回数が倍以上ですが、モンスターコンプ率は低めです。

プレイ時間は多少違いますが、それでもプレイスタイルが正反対で面白いです。
友達はガンガン進めるタイプ。
私は配合やスカウトもしっかりこなしながらゆっくり進めるタイプかなと思います。
ゲームのプレイスタイルって性格がもろに出るんだなーと思いました。
場合によりますけど、私はドラクエやFFなどはその町の最強装備を整えてから進めることも比較的多い方だったりします。
本当に効率だけ求めるなら、ガシガシ進める方が良いとは思います。

 

通信対戦

圧倒的に勝てるようになってきました。

1日最高で10人と対戦できますが、全勝は難しいです。

恐らくコンスタントに全勝するにはある程度パーティを真剣に考えて組む必要があります。

友達はそれをやっているみたいです。

私の場合はぶっちゃけ全勝とかどうでも良くて、とりあえず配合や図鑑に時間を使い対なとか思ってます。

そうえいば、たまにコメントが面白い人がいます。

中学生かな?

f:id:shironopoem:20181121224625p:plain

 

勝ち抜きバトル

クリア後要素として、ランダムで敵のパーティが選ばれて何回勝ち抜けるかという勝ち抜きバトルというものがあります。

回復は50勝、100勝の節目でしか許されず、敵もどんどん強化されていきます。

結果としては137連勝まででした。

ちなみにパーティは、究極配合した「サージタウス」と「ダイヤスライム」です。

両モンスター共に勝ち抜きバトルにおすすめされていましたが、たまたまこのメンバーで組んでいました。

というか、私の今のところの最強パーティです。

一応1勝毎に1000Gもらえて、短期間でお金が稼げたりもするので、気が向いたら再度挑戦してみます。

はたして137連勝以上いけるのだろうか。。。

f:id:shironopoem:20181121224954p:plain

 

まとめ

旅の扉も全てクリアしましたし、現状進められる配合はほとんど進め切って、後はたまごや他国限定モンスターを使う配合が残っています。
明日以降は安定して目に見えた進捗が上げれそうにないので、いったんテリワンプレイ日記はここらへんで切ります。
ある程度配合が進んできたり、図鑑や黄金郷関係でわかりやすい進捗が出てくればまた急に書くかもしれません。
このテリワンプレイ日記シリーズ?を通して見てくれてた人がどれだけいるかはわかりませんが、感謝です。

ありがとうございました。

 

おまけ:ここまで書いてきた感想

ぶっちゃけ疲れましたw
だいたい3000文字〜4000文字近くを毎日投稿していました。
好きなゲームなので書くこと自体は苦では無いにしろ、量が量なだけに単純に疲れたという感じ。
更に、一応進捗が無いと書きようがないのと、毎日途切れることなく書いていくというセルフ縛りがあったので、毎日使命感を持ってテリワンを進めていました(笑)。
更に更に、ブログを書く時間分は進捗が遅れるという二重苦。
若干ブログのためにゲーム進めてるみたいなところがありました。
こういうゲームのしかたはあんまり良くないかもですが、ブロガーしてるわって感じです。
いったん解放されて、ゆるゆるプレイ出来ると思うと少し気が楽になりました。
意味がわかりませんが、それが本来のゲームの楽しみ方ですよね。
クリアして、やり込みフェーズになってからやっと本来の楽しみ方ができるという。。。
とはいえ、ある程度長文を書く経験が出来たこと、AirDropでスマホからMacに画像を楽々送信する機能を久々に使ってめちゃめちゃ便利やんと再認識したりと、このテリワンプレイ日記をやって得たこともあります。
今まで無骨な感じのこのブログでしたが、今後はちょくちょく画像なども放り込んでいければと思いました。
そして、ゲームプレイ日記などの自分が明らかに好きな分野の記事はめちゃくちゃ筆が進むということがわかりました。
また、がっつりハマるゲームが出てきたらこんな感じのプレイ日記も書いて行けたらと思います。

 

テリワンプレイ日記9回目は以下。

www.saborite.com

 

テリワンプレイ日記最初の1回目は以下。

www.saborite.com

 

テリワンプレイ日記番外偏(やり込み)は以下。

www.saborite.com