サボログ×てんログ

「365日毎日更新!無限継続!」最終的に人生をサボるのが目標な社畜SEの雑記ブログです。社会人になってから資格を30個以上取得。資格取得・仕事(IT関連)・投資・ゲーム(FF・DQが特に好き)・ライフハック・節約・私的意見などについて書きます。

googleアドセンスと決別するメリットについて考察

f:id:shironopoem:20181217224558p:plain

久しぶりのタイトル詐欺ですね。

正確には辞めさせられましたです(笑)。
先日googleアドセンスのアカウントが突然無効になるという事件がありました。

www.saborite.com

この一件からgoogleアドセンスと完全に決別することになってしまったわけなんですが、逆にメリットは無いかなと考えていたところ、わりとあったので書いてみます。

googleアドセンスに心酔している人はうるさい!とムカついてしまう記事になるかもしれませんので見ない方が無難だと思います。

 

 

googleアドセンスを辞めるメリット

表現の幅が広がる

アドセンスを辞めるメリットの1つに暴力表現やエロ表現をはじめとするアドセンスを貼るのであれば各種規制対象になっていたであろうきわどい表現が自由にできるという点があります。

アドセンス的にはどう考えてもNGになりそうな内容であっても、それによって検索順位が落ちるという訳では無いということです。

関連性がほとんどないということですね。
例えば、エロサイトなども普通に上位表示されますよね。
あんなのでも上位表示されるので、相当過激な表現でもOKだと思います。

このブログで露骨にそういう表現を増やしたいとかそんなことはありませんが、気を使って書いていた記事などが、今後はもうちょっと伸び伸び書けるようになる可能性があると思います。

それによってブログの記事の表現の幅が広がればそれはメリットといえるかなと思います。

ただし、いくらがんじがらめの規制から解放されたといってもやりたい放題やれば良いというものでもありません。

アドセンスのルール内でやることは記事内容が多少堅くはなるかもしれないけど、クリーンな内容になるメリットはあると思います。

強制されたルールによってチェック出来なくなるので、自分で記事内容のクリーン加減というのは意識してやっていく必要があります。

 

アフィリエイトに注力できる

アドセンスに割いていた時間をアフィリエイトに全振り出来るというメリットもあります。

単純に2というパワーを1:1で分散するよりも一点集中した方が作業効率などは上がります。

有名ブロガーの収益比率を見てもアドセンスは1割未満ということも多いです。

A8などが収益の柱になっているブロガーは特に多いですよね。

時間は有限なので収益の効率の悪いものに時間を使うなら、最初からそちらを切って1点集中した方が良いというのは頷ける話だと思います。

アドセンスはおまけ程度に稼いでくれれば良くて、アフィリエイトと二重取りが一番美味しいのかもしれません。

ここらへんは後であげるメリットとの兼ね合いですかね。

 

ページの表示速度が速くなる

最大のメリットはこれかなと思います。 
このブログ、実はアドセンスアカウントが停止されるまでは広告を6か所くらい貼っていました(笑)。

今となっては、さすがに貼り過ぎだったと思います。

昔はアドセンスの広告は最大で3つまででしたが、近年その条件が解除されて無限に広告を貼れるようになっていたので、思いっきり貼っていました。

完全に読者を無視して、自分の利益だけを優先していた形です。

一応、アドセンスの広告を貼ることに定評がある某ブログからパクらせてもらって適切な位置に貼っていましたが、恐らく誤クリックなどもあったと思います。
そんな状態で、今回広告が停止された結果・・・爆速!!!

広告を貼ると当然表示が遅くなります。

それを6個も貼っていたのだから、相当各記事の表示速度が低下していたと思われます。

一気に6個の広告が消えたので体感ではっきりとわかるくらい速度が変わりました。

広告が消えることによるメリットを更に考察

見に来てくれる人にとってメリット大

結局、広告を貼っている人が大義名分を掲げていても99%は自身の利益のためと言っても過言でないと思います。

ある程度記事内容に関連した広告などが表示されると言っても、実際にそれをクリックしてクリックした人が実メリットを享受できる可能性は低いと思います。

大半がクリックした人に直接関係の無い内容でしょう。

加えて、基本的にクリック自体がほとんどされません。

これは、ブログを見る人が広告を求めていないということですね。

実質的に広告が表示されていることによるメリットは読者にはほとんど無いと言えます。
そんなことは広告を貼る側の人も当然100も承知ですが、それでも貼ります。

お金が欲しいからですね。

実際に私もそんな広告の貼り方をしていた1人でした。

広告を1つでも貼っているということは、全てではないにしても多少なりとも利益>読者という構図が成り立っている状態であると言えると思います。

読者からしたら邪魔以外の何者でもないということが多い広告ですので、無くなれば当然快適になります。

無駄なスペースが減る(広告分スクロールする作業が減る)メリットもあるし、記事の表示速度も早くなるので二重で快適になります。


運営者側のメリット

基本的にページの表示速度が上がるので、読者にとっては快適になりブログ内の回遊率が上がる可能性があります。

ページ内リンクが貼ってあっても表示が遅いのがわかっているサイトであればリンクを踏みにくくなるものです。

1つ1つの記事の表示速度が速いのであれば、次々にリンクを踏んでもストレスが溜まりにくいです。
結果PVが増える可能性があります。

これは運営者側に取っては大きいメリットになります。

 

また自分の記事をチェックの観点で見ることは良くありますが、その時に広告を誤ってクリックしないか気を使うことがなくなるメリットもあります。

数回の誤クリックは問題無いとはいえ、自己クリックしないように気を使うのは少なからず疲れます。

このストレスから解放されるのは、地味に大きいです。

 

無駄なスペースを取り除くことが出来るメリットもあります。
例えば、閲覧者側からしたらほとんど不要と言えるgoogleアドセンスのポリシーなどの設置義務が無くなります。

あのページは1万PVがあるブログでも見る人は1桁以下でしょう。

ただのコピペで形だけやっていることも多く、はっきり言って無駄です。

内容が無いので、会社のメールを打つ際の定型分あいさつくらい無駄です。

アドセンスが承認された後もしれっと削除してやろうかと何度も思っていましたが、一応ルールとして定められているので残していました。

意味無いものを載せるよりも、取り除いたところに有益な情報を載せた方が少なからずマシになると思います。

 

そもそも稼げていなかった

このブログ現時点でそもそもアドセンスでたいして稼げていませんでした。

一応、PIN入力までは行ってましたけど。

アドセンスだけで稼ぐ人は稀であり、とんでもないPVの人ですらほとんど稼げないという内容の記事を見たことがあります。

実際に自分が良く見ていた月間PVが15万くらいの化物雑記ブログですら月のアドセンス収入は2万円ちょっとという感じでした。

嘘の報告をしていなければですが。。。
他のめちゃくちゃ稼いでいる人でもアドセンスは一切貼っていないとかアドセンスの収益の割合は全体の1割だとかも多いです。

それくらいアドセンスで稼ぐのは難しいということですね。

アドセンスとの決別が早い段階で逆に良かった気もします。 
アドセンスに頼っている状態で切られるとダメージが大きいですし、アドセンスに使う時間も更に増えていたかもしれません。 
恋人に例えると下手に数年付き合って別れるよりも、1か月で別れるとダメージが低い理論。

 

唯一本当にダメだったと思う点

ここまでアドセンスに割いた労力がパーになりました。
アドセンスにはそれなりの時間を費やしました。

アドセンスを意識した記事を書いたり、ダメでも何度も申請したりしましたね。

その間に申請方法等調べた時間もあります。
色んな知識がついたり、アドセンス関連の記事がPVを稼いでくれたり、そもそも記事の質なども意識させられたりと労力の全てがパーとは言いませんが、半分くらいはパーになったかなと。

 

まとめ

結果PV的にも大したことが無いのに、やたらめったら広告だらけだったこのブログ的にはアドセンスが停止されて良かったことの方が多かったかもしれません。

アドセンス広告を貼ることは他のアフィリエイトなどで思うように稼げない場合のリスクヘッジになると思います。

苦労してせっかく承認されたアドセンスです。

このブログのように無駄にするのではなく、大切にしていった方が良いと思います。

googleアドセンスの広告を貼って頑張っている人が少しでも収益を上げられることを影ながら祈っています。

と、人の心配をしている場合ではありません!

このブログは他の収益源を探さなくてはなりません(笑)。