サボログ×てんログ

「365日毎日更新!無限継続!」最終的に人生をサボるのが目標な社畜SEの雑記ブログです。社会人になってから資格を30個以上取得。資格取得・仕事(IT関連)・投資・ゲーム(FF・DQが特に好き)・ライフハック・節約・私的意見などについて書きます。

日常の車の運転でストレスが溜まることを5つ紹介します

f:id:shironopoem:20181218234629j:plain

いつも見に来ていただきありがとうございます。

車関係の愚痴?は久しぶりですが、相変わらず毎日運転しているので、運転していてストレスが溜まることについて書いてみます。

考えてみると意外とありますね。

 

今まで書いた車を運転していると遭遇することのある危険運転などに関する記事は以下。

 

運転していて自己中が多いことに気付いた話

www.saborite.com

 

 

苦手な危険運転の話

www.saborite.com

 

 

運転ストレスランキング5つ

ことあるごとにブレーキを踏む車

トラックや大型の車とすれ違う度にいちいちブレーキを踏む車がいます。

たぶん怖くて無意識に速度を落としていると思います。

運転慣れしていない人ならありそうで、何となくわからなくもないですが、後ろを走っていると中々のストレスです。

実際に初心者マークを付けていない車でそういうことをする車も普通にいます。

恐らくペーパードライバーかサンデードライバーでしょう。

個人的には運転が苦手な人は免許取得後1年以上経っていても初心者マークは付けたままの方が良いと思いますね。

ダサいのかもしれませんが、ダサさ以外に取るメリットが1つもありません。

下手であることがわかれば、周りもそれなりの運転や態度になります。

仕事でも、出来ないのに出来る感を出している人が一番迷惑なのと一緒ですね。

出来ないなら出来ないと正直に言えば良い話です。

 

合流時に明らかにはみだしている車

横道または施設(例えばガソリンスタンドなど)から道路に合流する際に道をあけろと言わんばかりにフロントを突き出してくる車がいます。

明らかに道路まではみ出していて、道路にいる側が避けないといけない場合もあります。

これはやる意図が本当に謎です。

なぜ、こちらがわざわざ避けないといけないのかとムカつきますね。

というか普通に追突する可能性がある危険行為です。

後ろに車がいないのであれば下がれよという感じですが、下がらない車は意図的にやっていますね。

車が避けてくれているのに気にならない時点で相当な自己中確定です。

気付かずやっているならただの鈍感でしょう。

横からぶつかられる危険もあるのでやっている人は即辞めた方が良い行為。

確かに、道路に合流しやすくはなりますが、危険の方が大きいと思います。

 

超低速運転な車

下道で低速

制限速度マイナス10キロ以上で走る車が稀にいますが、率直にかなり邪魔です。

ついでに流れを悪くしているので危険運転です。

更に、下手したら低速の違反で捕まりますね。

複数車線あるところなら抜けば良いだけの話ですが、田舎道などを走る際は30分以上ずっと1車線しかないところもざらにあります。

例えば60キロ制限の道路を30分間ひたすら30キロ、40キロで走るのは控えめに言って地獄です。

眠くなるし、時間ももったいないしで良いことが一切ありません。

当然、その車の後ろは物凄い大名行列になっています。

恐らく、当事者は自己中(もしくは運転に慣れていなくて必死)で後ろなどは一切気にしていません。

目の前にその車1台なら迷わず追い抜きますが、10台くらい連なった先頭がその車であれば我慢するしかありません。

1台ずつ抜いていっても良いのですが、みんなイライラして車間を詰めたりしているので中々厳しいです。

個人的なルールで追い抜きは1台までと決めていますので、複数台一気に抜くことはしません。

危ないからですね。

途中で見逃していて対向車が来たら詰みです。

地元で7台抜きくらいして電柱にぶつかって死んだ人がいるという話を聞いてから絶対に複数台抜きはしないようにしています。

運転技術にはそれなりに自信はありますが、これだけはしないようにしていますね。

複数台抜きをしているということはスピードを出している状態であり、事故ると被害も大きいので死にたくない人、家族に迷惑をかけたくない人でやっている人は即刻辞めた方が良いでしょう。

運転に自信が無い人は無理に抜かずに、ストレスは溜まりますが曲でも聞きながらリラックスして遅い車がいなくなるまで待つのが無難かなと思います。

 

高速道路でも低速

下道で遅い車ならまだわかりますが、稀に高速で下道以下の速度の車とかいるのが本当に謎です。

急いでないのであれば、信号回避して快適運転するためだけに金を払っているのだろうか。。。

ただ、高速はどんな田舎であれ長時間我慢せずとも複数車線になるので、そこで抜けば良い話なのでメンタルダメージは少なめです。

ただ、意図は本当に謎です。

 

並列ブロッカー

田舎道などでのあるあるになります。

2車線ある場合に全く真横に並んで走って道を塞ぐ車2台。

道が塞がれるので急いでいる時などは特に迷惑だったりします。

意識して合わせているかのように綺麗に真横に並んでいる時はおかしくなりますね。

本当に息がピッタリだなーという感じのことがあります。

せっかく2車線あるんだから、片方は遅い車、片方は速い車で住み分け(走り分け?)すれば良いのにと思います。

田舎の人はそもそも2車線になれていなかったりもするので、車線が増えたら「あっ、道が広くなったラッキー!」くらいに考えていることも多いと思います。

要は複数車線慣れしていないということですね。

対策のしようもないので、後ろからどちらかが先に行かないか見ているしかありません。

 

急がない歩行者とひき殺す気マンマンの車サイド

これは運転手、歩行者どちらの立場でもあるあるです。

 

車運転中

横断歩道や細い道などを渡っている人を曲がろうとしながら待っているケース。

横断歩道を歩いている人は車が待ってくれていることに明らかに気付きながらもあえて急ぎません。

なかなか悪質です。

ただの嫌がらせでしょうか。

恐らく、車は待って当然という考え方でしょう。

場合によっては、ずっとスマホを見て歩いているから気付いていない場合もあります。

まだこちらの方がマシです。

私は歩行者の立場でこのような状況になれば待ってくれていて申し訳無いので、100%小走りをしますね。

ここらへんは人の性格によると思います。

 

歩行者の場合

上記と全く逆で自分が歩行者の場合です。

歩行者として歩いている時に早く歩けよと言わんばかりに距離を詰めてくる危ない車もいます。

何を考えているか謎です。

ミスって歩行者にちょっとでもぶつかれば時間と金を絞り取られるだけで何1つメリットもないのでこういうことをするやつはアホだと思います。

 

まとめ

こんなことを記事にはしていますが、たまに思うな〜くらいで、常にストレスが溜まっているとかそんなことは当然ありません。

これを常に思っていたとしたら、ただの短気な運転適性が無いやつですね(笑)。

運転中にストレスが溜まっていて強引な運転をすると事故に繋がる可能性があるので注意です。