サボログ×てんログ

※ブログ説明※

=================お知らせ=================
無言ブクマもウェルカムですーm(._.)m
=========================================

【映画】恐怖の動物マスクの殺人集団にまさかの展開!サプライズを見た感想

f:id:shironopoem:20190213202924j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

連休中に見ていた映画のうちの1本の紹介です。

 

動物のマスクを付けた殺人鬼が家に侵入してきて家族が襲われていくという話です。

 

ホラージャンルばっかり見ているのは相変わらずですが、最近はホラーの中でもマスク率がやたら高いw

www.saborite.com

www.saborite.com

今回は動物の白マスクを付けた殺人鬼3人が突然家に侵入して次々と家族を殺していく話です。

 

タイトル通りにサプライズがある映画です。

 

ネタバレはがんがんいきます。

 

ストーリー

両親の結婚35周年を祝うため、人里離れた別荘に集まった家族10人。

 

だが、唯一の隣家はずっと同じ音楽が流れたままだった。

 

その日の晩餐、些細な切掛から口論となったドレイクとクリスピアン。

 

突如クロスボウの矢がタリクの命を奪う。

 

突然の出来事にパニックに陥る家族たち。

 

救助を求め外に飛び出したエイミーは、ドアに仕掛けられたワイヤー(ピアノ線?)に喉を裂かれ絶命する。

 

やがて、動物のマスクをかぶった不審者たちが侵入し、オーブリーの命を奪う。

 

次々と襲われる家族だったが、サバイバル術の心得のあるエリンの機転により不審者の内一人を殺害する。

 

生き残った家族達は、エリンを中心に家中にトラップを仕掛けるが、エリンはフィリックスと覆面達の会話を耳にする。

 

一連の事件は遺産目当てのフィリックスが仕掛けた計画だったのだ。

 

単身、犯人達に挑むエリンだったが、事態は意外な展開を迎える…

 

サボり的要約

家族が両親の結婚35周年を祝うために実家に集まる。

10人家族は大家族ですが、家もめちゃくちゃ広い。

家族で話していると唐突に窓を突き破って、ボウガンの矢が飛んできて家族の一人の頭に突き刺さって死亡。

続けざまに次々と家の外から狙撃される。

どうしようどうしようと焦っていると今度は家に動物マスクの殺人鬼が入り込んで来て、刃物で切りつけて殺される。

壁には次はお前だのメッセージが。

ちなみに殺人鬼は3人。

どうでも良い情報だが、マスクは全員違う。

ちなみに電波も妨害するジャマーで邪魔されて、外に助けを求めることも不可能。

ジャマーがネットで3000円くらいで売っているらしい。

安すぎて草。

車まで全力ダッシュで行って、家から離れて電話で助けを求めればよくね?

一番足が早い奴が全力ダッシュして家から出る→外には首の位置にピアノ線が張られていて首スパー。

どうしようどうしよう絶対絶命だ。

みんなここで死ぬぞ。

主人公の女の子が覚醒して、殺人鬼一人をシバきあげる。

というか、殺す。

あれ!?

お前強くね???

これ何てサプライズ?

以後、女の子無双

 

見所

主人公の女の子無双

主人公の女の子の出生が特殊だったらしい。

 

親父にどこでも生きていけるようにと、子供の頃にアフリカでほっぽりだされてサバイバル技術を学んでいた。

 

罠を作ることにも慣れているし、武器を使って、殺人鬼を殺すことに全く躊躇が無い。

 

後半は気持ち良いくらい、女の子が殺人鬼にダメージを与えていき、最終的には殺していく。

 

どんな女やねんという感じですが、見た目は普通に可愛いです。

f:id:shironopoem:20190213212611j:plain

外人女優は美人系が多いですが、可愛い系で個人的に凄くタイプ。

 

この女優を見るためだけに見るのもありです。

 

話はそれましたが、この女の子が後半殺人鬼を次々にやっていきます。

 

ついでに、裏切り者の家族もやります(笑)。

 

注意点

序盤に無駄なエロシーン

B級洋画あるあるですが、開始早々いきなりエロシーンがあります。

 

エロシーンと言ってもモブキャラの無駄に勢いのあるSEXというしょーもないレベルですが、自分一人で見る分には全然良いけど家族、恋人、友達と見る場合は気まずくなる可能性があるので注意。

 

そして、こういうエロシーン要員のすぐ殺される率の高さは異常(笑)。

 

私も見ていたら、あーコレこの後殺されるやつだなーと薄々気付きながら見ていると、やっぱり案の定でした。

 

そこそこグロい

一応ホラージャンルですが、どちらかというとスプラッタ寄り?な気がします。

 

グロいシーンがそこそこ多いです。

 

具体的には、頭の上にミキサーを置いて動かして頭がグチャグチャ、脳天アイスピックぶっ刺し、ピアノ線で首チョンパ、首をナイフでスパー、ナタで血がブシャー、ボウガンの矢が額にぶっささり、人の頭をゴルフボールに見立ててナタでグチャなど。

 

もっとあった気もしますが、ちょっと思い出してみるだけでもこれだけありました。

 

グロが苦手な人はちょっと厳しいかもしれません。

 

まとめ

個人的な感想ですが、サプライズは家族の中に裏切りものがいた(殺人鬼に遺産目当てで家族の抹殺を頼んだ奴がいた)こと、主人公の女の子が実はめちゃくちゃ強かったこと。

 

いきなり殺人鬼が襲撃してくるのは唐突ですが、家の外からも家の中からも襲ってくるのでスリルがあります。

 

というか、家の中はどこに潜んでいるかわからないし、急に出てくるので息がつけません。

 

後半、あれ?この女の子めちゃくちゃ強くね?とこちらも気付きだした頃からは恐怖映画→殺人鬼をいためつける壮快映画に早変わりします。

 

ホラー要素もありつつ、悪役を成敗する気持ち良さもあり二度楽しめる映画です。

 

ストレスが溜まっている人は是非。