サボログ×てんログ

※ブログ説明※

MENU
しばらく商品紹介、アプリ紹介多め!

【映画】最強の騙し合い!ライアーゲームの映画を2つまとめて見た感想(というかほぼ松田翔太を推す記事)

20190630184106

f:id:shironopoem:20190305222824p:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

映画が大好きで最近はだいたい、2日に1作品くらいは見ています。

 

間でちょくちょくアニメなども見ていますが。

 

一時期はただのクソ映画ハンターをやっていました。

www.saborite.com

www.saborite.com

今回はアマプラで見つけたライアーゲームの映画作品である「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」と「ライアーゲーム -再生-」をまとめて見ました。

 

実はライアーゲームが大好き過ぎて、ドラマ版も含めてもう何度見たのかわかりません。

 

定期的に見たくなる作品です。

 

やはり、クソ映画とは一線を画す神映画でした。

 

細かいゲームの内容はブログで説明すると長くなるので、今回は見所やライアーゲーム自体の良さを主に伝えられたらなと思っています。

 

むしろ、ゲームの内容はネタばれしてもつまらないですし、是非見て確認して下さい。

 

 

あらすじ

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

女子大生の直(戸田恵梨香)は、謎の組織が主催する、巨額の資金を賭けて互いにだまし合うライアーゲームに参加するハメになる。

 

彼女は天才詐欺師の秋山(松田翔太)の助けを借り、どうにか決勝戦まで勝ち進む。二人は50億円の賞金を賭け、信じ合う心がテーマの“エデンの園ゲーム”と呼ばれる最後の戦いに挑むが……。

 

ライアーゲーム -再生-

天才詐欺師秋山(松田翔太)の奮闘により、出資者たちが多大な打撃を受けたファイナルステージから2年が過ぎていた。

 

すべてが終わったように見えたライアーゲームだが、事務局は再度復活を果たし、今回は総額20億円をかけて20人のプレイヤーが争う「イス取りゲーム」を用意する。

 

彼らはどうにかして秋山を潰そうと狙いを定めおり……。

  

見所

配役が良い

松田翔太

主人公の天才詐欺師秋山深一役ですが、この配役はマジで神です。

 

この配役のおかげで人気に拍車がかかったのは確実だと思います。

 

ミステリアスな役がどハマりしている上に、ドヤ顔がクソかっこいいです。

 

というか、松田翔太は格好良過ぎます。

 

必勝法があるという名台詞と共にドヤ顔をするドS感がめちゃくちゃ良いです。

 

ライアーゲームは松田翔太を見るために定期的に見直していると言っても過言ではないかもしれません。

f:id:shironopoem:20190305230330j:plain

長めの髪型も様になり過ぎています。

 

この秋山の髪型がかっこ良すぎて一時期私も真似していた程です(笑)。

 

髪を長めにして片方だけ耳にかけるスタイル。

 

f:id:shironopoem:20190305230909j:plain

 

 顔面の格好良さだけではなく、スラッとしていてカッコイイです。

 

スタイルが良過ぎる。

 

こんなにロングコートが似合う人はそうそういません。

f:id:shironopoem:20190305230637j:plain

 

椅子に座る姿も様になり過ぎています。

 

皇帝かな?笑

 

THEイケメン。

f:id:shironopoem:20190305230656j:plain

ライアーゲームの時ではありませんが、短髪もめちゃくちゃカッコイイです!

 

長髪も短髪も髪型に依存しない格好良さはまさにイケメンと言えます。

 

昨今の若者は雰囲気イケメンと呼ばれる人も多く、髪型で補正しているケースも多いですが、松田翔太は髪型で補正する必要が一切ありません。

 

素でイケメン。

 

戸田恵梨香

f:id:shironopoem:20190305230950j:plain

ライアーゲームのファイナルステージまでのヒロイン的なポジションの直を演じている戸田恵梨香。

 

個人的に戸田恵梨香のピークはライアーゲームだと思っていて、本当に可愛いです。

 

細くてスタイルも良いですし。

 

バカ正直で性格の良いキャラも合っていてgood!!

 

鈴木 浩介

f:id:shironopoem:20190305231014j:plain

福永というとても癖が強いキャラの役です。

 

このキャラが面白過ぎる。

 

このキャラが出演していなかったらライアーゲームの面白さは半減していたと言っても過言ではありません。

 

とにかく、口では表し難いですが良いキャラ過ぎます。

 

ギャグ要素が意外と多い

上述した福永を筆頭にギャグネタが意外と多いです。

 

シリアスな世界観の中に時折入ってくるギャグが絶妙。

 

BGMが神

中田ヤスタカさんのポップかつキュートで絶妙な近未来感を漂わせる音楽が使われています。

 

ヤスタカサウンドって言うんですかね。

 

めちゃくちゃ良いですよ。

 

ライアーゲームの世界観にあまりにもマッチし過ぎていると思います。

 

perfumeなどが好きな人は絶対に好きなはず。

 

オチがめちゃくちゃ良い

ファイナルステージ

最初の導入部分でおじさんに主人公の直が1000円を貸しますが、最後に家のポストに黒い封筒(ライアーゲームの招待状も黒い封筒)が届き、やっと解放されたライアーゲームからまた招待状が。。。と思わせて、おじさんから1000円が手紙と一緒に返して貰えるというオチ。

 

しっかりと伏線を回収して綺麗に落としてくる良い終わり方でした。

 

再生

バスでライアーゲームの会場から帰るわけですが、主人公の優がバスの椅子に座る時に椅子みーつけたみたいな感じで座ります。

 

この映画のゲームは椅子取りゲームだったんですよね。

 

これも良いオチだなと思いました。

 

絶妙な恋愛要素

f:id:shironopoem:20190305231051j:plain

恋愛ものではないので恋愛らしい恋愛というものはあまりありませんが、ちょくちょく恋愛要素もあります。

 

わかりやすい感じではなく、心の底から信頼しあっているみたいな感じという方が近いかもしれません。

 

ファイナルステージのラストシーンがかなりイチャついていて良い感じです。

 

主に松田翔太と戸田恵梨香の恋愛要素を楽しみたいならファイナルステージ一択です。

 

まとめ

ライアーゲームの映画はどちらも超面白いと言えます。

 

ネタバレをすると面白くないので、気になった方は実際に見てみてください。

 

間違いない作品です。

 

見ても絶対に後悔しないので、是非!