サボログ×てんログ

※ブログ説明※

=================お知らせ=================
無言ブクマもウェルカムですーm(._.)m
=========================================

2連続広告は酷い!youtubeがユーザーを置き去りにしだしてきている現実

f:id:shironopoem:20190327221347p:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

youtubeはみんな大好きだと思いますが、私も好きで良く見ています。

 

この前youtubeを見ていて、まさかの2連続広告に遭遇しました。

 

一時期は飛ぶ鳥を落とす勢いだったyoutubeも少しずつビジネスモデルに限界が来ているんじゃないか説。

 

 

広告はユーザー側にはメリットほぼ0

youtubeで表示される広告ですが、95%以上の人が「邪魔。うざい。」と思っているでしょう。

 

あの5秒後にスキップできますという5秒の長いこと。

 

なぜ、あんな誰も嬉しくない得をしない時間制限を設けるかと言うと理由は一つで、みんなが一瞬で飛ばすから広告が見られないので強制的に見せるようにしていると思われます。

 

広告に意味が無いなら、広告を出している企業にメリットが無いですからね。

 

youtubeの運営もお金を貰っている以上は、広告主のために一定時間広告を見せる義務があるという感じでしょうか。

 

興味がある広告ならまだ良いですが、youtubeで流れる広告は利用者にとって本当にどうでも良いものばかりです。

 

ブログなどでは、利用者の属性などを考慮して好みにあった種類の広告を表示してくる追跡型の広告があったりします。

 

これは利用者にも興味があり実際にためになる広告が表示される可能性があります。

 

また、ブログでの商品紹介なども動画広告に比べるといくらかマシです。

 

というのも、同じブログを定期的に見にいく人は書いている人とある程度共鳴できたり、書いている人自体に興味があったりすることがあります。

 

この場合は、そういった人がオススメしている商品がブログを見ている側にも興味があるものになったりすることもあると思います。

 

youtubeで流れがちな、とりあえず無造作に利用者の興味なども度外視して流れてくるどうでも良い広告、これは利用者側からしたら百害あって一利無しというものです。

 

こちらも無料で、様々なコンテンツが見られるのでそれくらいは我慢しろよという話かもしれませんしある程度は理解もできますが、最近はだんだんとユーザーを置き去りにしてきた様な気がします。

 

ユーザーを軽視していくyoutube

広告の頻度が増える

昔は滅多に広告は流れませんでしたが、今は凄い頻度で広告が流れます。

 

また、昔はほとんどありませんでしたが、動画をぶった切る形で途中でも広告が出てきます。

 

明らかに利用者軽視ですよね。

 

まだ動画を見始める前の広告は許せますが、動画を見ている最中の広告は利用者からしてみると完全に邪魔をしにきている以外の何者でもないです。

 

運営側が利用者の快適さよりも広告の表示の方に重きを置いているのが良くわかります。

 

2連続広告

最近遭遇して驚いたのがこの2連続広告です。

 

ただでさえ長い5秒待ち広告を待って、いざ動画が見れるぞーと思った矢先に連続で別の広告が表示されました。

 

計10秒無駄な時間を待たされることに。

 

ついにここまで来たかと思いました。

 

今までもスキップ不可の広告などやりたい放題感はありましたが、今度は連続かーという感じです。

 

1企業に10秒の広告を表示させるより、2企業に5秒ずつの広告を表示させてあげた方が収益が良いからこんなことをしているのかな?

 

youtuberにも冷たい仕打ち

収益減

広告の収益が減ったみたいな話はたまに聞きますが、昔に比べて明らかに減ってきています。

 

本当に副業とか副収入的な感じでやっていた人はそうでもないかもしれませんが、「好きなことで生きていく!」みたいなノリでyoutube1本でやっているガチyoutuberからすると急に収益減なんてたまったもんじゃないと思います。

 

普通の社会人が、会社が危ういから今日から給料30%減ね!みたいな事を会社に言い渡されるみたいな感じですからね。

 

えっ!?いきなり!?30%も!!!?みたいな感じになるのは容易に想像が出来ます。

 

このビジネスモデルの厳しい点

youtuberが増えていく

広告を出す側には限界があるが、youtuberが無限に増えるというのがこのビジネスモデルの厳しい点だと思います。

 

広告を出す方も金がかかりますし、広告を出しても収益に繋がらなければ広告を辞める企業もあるでしょう。

 

どの企業も広告を出したいと順番待ちになっているとかそんなことはないと思うんですよね。

 

企業の数にも限りがあって、その中でも広告を出せるのはお金のある企業、継続的にお金が儲け続けられている企業です。

 

ですので、広告収入には限度があると思います。

 

広告収入には限界があるが、youtuberは日夜増え続けていきます。

 

私も一時期動画をアップしていたこともありますが、流行っているものや構成などをパクると思っているよりもわりと簡単に再生数が稼げたりします。

 

実際に子供向けのおもちゃ紹介系の動画などはパクリ合戦です。

 

広告の収益も無限に伸びれば問題ありませんが、収益に限界があるとするとyoutuberが増えていくにしたがってジリ貧になります。

 

実際にジリ貧になっているから、広告の数を増やしたり、youtuberの収益をカットしたりしている現実があると思われます。

 

負のスパイラル

無茶な広告で利用者が離れていく→運営が維持できなくなるので広告を更に増やしていく→以下無限ループ。

 

これはあると思います。

 

実際にちょっとずつそういう風になってきています。

 

今後の予想

・動画の前には必ず広告

・2連続広告が当たり前になってくる

・むしろ3連続広告くらいまではありそう

・途中で入れてくる広告の感覚も短くなる(例えば5分置きとか)

・youtuberの収益を更にカット

 

ここらへんは今の延長なので、現実的にありえると思います。

 

まとめ

youtube自体がタダで提供されていること自体がありがたいから、多少の広告は仕方がないとも思えるのですが、最近はちょっとずつ度を越してきた感がります。

 

あくまで、個人の感覚ですが。

 

バランスが大事で、利用者に愛想をつかされて離れられない程度にしていかないとユーザー離れが加速からの広告増加、結果的にはサービスの質が低下、更に利用者が離れるという負の連鎖が加速していくのではないでしょうか。

 

この流れを断ち切るには今の動画流す→広告をつけて収益を得るという以外に画期的な別の収益モデルが無いと厳しい気がします。

 

今後youtubeがどうなっていくか要観察です。

 

関連記事

www.saborite.com