サボログ×てんログ

※ブログ説明※

=================お知らせ=================
無言ブクマもウェルカムですーm(._.)m
=========================================

【映画】サメに食われて死ぬか、窒息して死ぬかの二択!海底47メートルを見た感想

f:id:shironopoem:20190405221833j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

サメが大好き過ぎて将来はケージの中からサメを見るツアーに参加したいと真剣に思っているのですが、そんな私にぴったりの映画がありましたので見てみました。

 

ストーリー

ケイトとリサは休暇でメキシコを訪れていた。

 

「君は退屈な人間だ」と彼氏に言われて破局したリサを慰めようとして、ケイトは考えを巡らすが、上手いアイデアを思いつけずにいた。

 

そんな折、ケイトは地元の人からケージ・ダイビングについての話を聞いた。

 

「これだ!」と思ったケイトは、リサをケージ・ダイビングに誘った。

 

リサは気乗りしなかったが、ケイトから「また退屈な女だと思われるわよ」と言われたため、渋々ダイビングに挑むことにした。

 

翌日、2人が港に到着すると、リサがダイビングへの不安を吐露したが、ケイトは「危険なことなんてないでしょうよ」と真剣に受け止めなかった。

 

2人は地元の青年たちとテイラー船長の船に乗った。

 

ケイトはテイラーに「2人ともダイビングをしたことがある」と言ったが、これは嘘であった。

 

リサにはダイビング経験がなかったのである。

 

ダイビングスポットに到着したとき、テイラーはサメをおびき寄せるためのえさを撒き始めた。

 

ここに至り、ケイトもダイビングへの不安を口にしたが、テイラーは「大丈夫だ」と言うばかりであった。

 

最初に潜ったのは地元の青年たちであった。

 

船にいた誰もが気が付かなかったことではあるが、すでにこの段階でケーブルに切れ目が入っていたのである。

 

青年たちが無事に帰還したのを見たテイラーは、リサとケイトを海底に送る準備を始めた。

 

2人が檻の中に入ったとき、ボートに備え付けられていたケーブルの巻上機が水中に落下してしまい、2人はそのまま海底47メートルへと沈んでいった。

 

しかも、2人は船との交信ができない状態におかれてしまった。

 

海面下40メートルまで泳いでいったケイトは、必死の思いで船との交信を試みた。

 

テイラーは「ハビエルがスペアの巻上機をもってくるまで耐えてくれ。

 

あと、サメがウヨウヨしているから、檻の外には出るな」とケイトに言った。

 

極度の緊張下におかれた2人は、予想以上の量の酸素を消費してしまった。

 

やがて、2人をハビエルのサーチライトが照らした。

 

ハビエルは自分たちを視認できないのではないかと考えたケイトは、檻の外に出ようとしたが、彼女の酸素タンクは空に近い状態にあった。

 

そこで、リサがケイトの代わりに檻の外に出ることとなった。

 

サメが下から襲撃してくることを防ぐために、リサは海底に沿って光源へと向かった。

 

途中にあった崖を乗り越えて光源にたどり着いたリサだったが、そこにハビエルの姿はなかった。

 

しかも、光源にたどり着くのに必死になる余り、檻と自分がどれくらい離れているのか分からなくなってしまった。

 

そこへハビエルが姿を現わしたが、彼はサメに襲撃され命を落としてしまった。

 

ハビエルのスピアガンを装備したリサは、檻へと泳いで戻ることにした。

 

フラッシュライトの光を確認したテイラーは2人の入った檻を引き上げようとしたが、その途中でケーブルが切れてしまった。

 

2人の入った檻はさらに深い場所まで沈んでしまった。

 

生還の見込みを失った2人はパニックに陥り、さらに酸素を浪費してしまうのだった。

 

しかも、檻はリサの足を下敷きにしていたのである。

 

サボり的要約

上のストーリーの紹介がそこそこわかりにくいので、わかりやすくまとめてみます。

 

姉妹が姉の失恋を癒すためにメキシコに旅行に行き、そこでゲージに入ってサメを見ることにする。

 

船で沖合まで移動して、船上から姉妹でゲージにIN。

 

ぱっとみ船もボロいし、ゲージも錆びていてかなり古そうに見えた。

ゲージに入って海を見ると綺麗過ぎて超感動する。

 

サメも間近で見てテンションがMAXになった頃にゲージ上部のワイヤーが外れてゲージが超スピードで海底まで落下してしまう。

 

お約束の展開に。

二人とも気絶していたが、目を冷まして深度メーターを確認すると、海底47メートルという深いところまで落ちてしまったことに気づく。

 

酸素ボンベの空気にも限界があるし、焦る。

船上までの距離があり過ぎるのでサメはいるかもしれないけど一か八かゲージから出てちょっと浮上して船上まで交信できる距離まで泳いでいくと交信が出来た!

 

助けてくれと伝えることが出来て安堵。

 替えのワイヤーを接続!

 

これで助かると安堵したのもつかの間海面まで半分くらいまで上がっていったところで替えのワイヤーが切れる。

 

再度海底に逆戻り。

再度ちょっと上まで泳いで助けてもらうことを伝えた後に、ゲージの外で妹がサメに噛まれてしまう。

 

ここからは妹一人。

船上から替えのワイヤーと一緒に酸素ボンベなどを落としてもらえていたぞ。

 

ただし、酸素ボンベの入れ替えはかなり危険らしい。

 

2回目の酸素ボンベを使うと空気を取り込み過ぎて、幻覚などを見るリスクがあるが、気にしていられない状況なので酸素ボンベ交換。

おっ、光が見えたぞ!?

 

やっと救助が来たかもしれない。

 

姉が光を探しに出ると、妹の声がする。

 

岩のところに血だらけで妹が。

妹も血だらけでもう時間的に余裕も無いし、海面まで何とかあがるしかない。

 

急に上がると潜水病のリスクもあるし、サメもうようよいるがそうも言っていられない。

めちゃくちゃ運良く、海面までたどり着けた!

 

船まで泳いでいき船に上がりかけたところで大型のサメに足をかまれる。

大怪我はしたが、姉妹で船の上に上がれて助かった。

 

ハッピーエンド

と思いきや、ここまでは酸素ボンベを替えた影響で見ていたただの幻覚で、姉はまだ海底47メートルのゲージ内にいた。

 

絶対絶命か。

海難救助隊が数名来てくれて無事生還

 

だいたいこんな感じでした。

 

見所

恐怖演出が良い

海底47メートルという深過ぎるところで放置される状況が既に怖いが更に怖いものが何個もある。

 

まず空気。

 

酸素ボンベ内の空気には限りがあるのでずっと海底で助けを待つのは不可能。

 

次にサメ。

 

サメがうようよいるのでゲージの外に出るのは危険過ぎる。

 

サメに食われて死ぬか、窒息して死ぬかの二択みたいな感じ。

 

更には、急いで海面に上がると潜水病で死ぬし、もう何を選択しようが死ぬしかないみたいな状況。

 

まさに絶体絶命。

 

唯一助かる可能性がある方法はゲージから出てちょっと上がって船に交信して助けを呼ぶこと。

 

同じ状況になった時にサメがうようよいるところにゲージから出ていける自信は私にはないですね。

 

また、途中でゲージから出て海底を移動して迷子になるシーンもあるがこれもかなり怖い。

 

底が見えない暗いエリアが既に怖い上に、そこにサメがうようよいるのも怖い。

 

しかも、暗い海の底で迷子になるという状況も怖い。

 

ここらへんをリアルに想像すると怖過ぎます。

 

例えるなら、夜の真っ暗な海で沖合に放り出されたことを想像するとわかりやすい。

 

どっちに行けば正解かわからなくてどうしようもないという状況。

 

しかも大型のホオジロが周りにたくさんいるっぽいみたいな。

 

参考:とてもじゃないがゲージから出れないだろう画像

f:id:shironopoem:20190405232601j:plain

f:id:shironopoem:20190405232613j:plain

まとめ

個人的には100点満点で言えば、65点くらいの作品。

 

ちなみにこのブログで取り上げたロスト・バケーションというサメ映画は90点越えで、サメの惑星は5点(笑)。

 

サメ映画って色んな種類があってもうネタが切れてきている感もあるけど、海底の底にゲージもろとも沈んでしまうという発想+サメの恐怖という新しい組み合わせはちょっと斬新で良かったです。

 

今後も毎年サメ映画は出続けるはずだけど、だんだんとこんな感じでマニアックな要素が追加されていくのかもしれない。

 

窒息するかサメの餌になるか選べという恐怖演出はgood!

 

落として貰えた酸素ボンベが丁度海底のゲージの近くに落ちたあたりはご都合主義感も否めませんでしたが、運良くそういう可能性もあるので一応納得は出来ました。

 

サメ映画あるあるですが、サメがあまりにも人を襲い過ぎる(実際は人ばかり執拗に襲うこともないはず)のはご愛嬌という感じ。

 

サメ映画でサメが襲ってこなかったら意味が無いですからね。

 

海底であまり生物自体がいなくて、そこに人間がいてしかも怪我をして血を流していたから目立っていたと思って自分を納得させました。

 

凄く話が逸れますが、リアルに死ぬまでに1度はゲージに入って生のホオジロを見てみたいと思っていますがこの映画で少し怖くなりましたね笑。

 

映画の中だと2万で、船長と仲良しだから1万って感じでした。

 

ゲージからサメを見る体験ができるものですが、ちょっと調べてみるとハワイで現地集合で1万強、送迎ありで2万弱でありました。

 

ハワイ旅行ついでにありかもしれない。

 

↓申し込みページ

www.veltra.com

 

だいたい映画と一緒ですね。(さすがに事前に調査しているか)

 

本当にやりたければ全然出来るという価格帯です。

 

みなさんも死ぬまでに1度はどうですか?

 

私はやる予定です。

 

やる前にこの映画を見てから行くとスリルが増して良いかも・・・

 

関連記事

www.saborite.com

www.saborite.com