サボログ×てんログ

※ブログ説明※

=================お知らせ=================
無言ブクマもウェルカムですーm(._.)m
=========================================

福山雅治とかいう一点の隙も無い完璧な男!

f:id:shironopoem:20190406221449j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

オールスター感謝祭を見ていて福山雅治が出ていたのですが、改めて完璧過ぎると思いました。

 

何なんだこの男は。

 

男から見てもカッコ良すぎる最強の男。

 

今50歳ということですが、こんなにカッコイイ50歳とかいないだろうという感じです。

 

芸能人というフィルターを抜きに考えてもありえないレベルのカッコ良さ。

 

日本一最強の50歳だと個人的には思っています。

 

こんなおっさんになりたいです笑。

 

絶対になれないけどw

 

正直、私は世代ではないです。

 

たぶん、私の2回りくらい上が福山雅治がクリティカルな世代だと思います。

 

世代ではないけど、最高に好き=どんな世代からも好かれる男ですね。

 

見た目のカッコ良さはもちろんなのですが、総合的にスペックが異常に高い。

 

今更言うことでもありませんが、あまりにもチートです。

 

引くくらい完璧。

 

個人的に福山雅治のオールラウンド感が好き過ぎるので無駄に持ち上げまくる記事を書いてみます。

 

 

福山雅治のチートスペック

顔がイケメン

まず、顔がイケメン過ぎます。

 

普通のイケメンとは一線を画していると個人的には思います。

 

単純なカッコ良さだけではなく、可愛さもある。

 

そして、50歳になっても劣化していない上にむしろ渋さまで出てくるという。

 

老けて崩れるイケメンもいますが、老けて逆に良さが増しています。

 

参考:若い頃バージョン

f:id:shironopoem:20190406230308j:plain

若い時からイケメン過ぎる。

 

きついタイプではなく、可愛さもあるタイプのイケメン。

 

参考:おっさんバージョン

f:id:shironopoem:20190406230331j:plain

こんなおっさんがいますか?

 

清潔感があり過ぎる。

 

子供からしても親が福山雅治だったらヤバいですよ。

 

これが授業参観とか来たら問題になること不可避。

 

同世代でこのレベルはありえません。

 

周りの奥さんも子供の授業風景に集中できません。

 

参考:可愛らしいバージョン

f:id:shironopoem:20190406230346j:plain

目と口元が可愛いですね。

 

福山雅治の口は特徴的です。


スタイルが抜群

身長181センチ!

 

スタイルが良過ぎます。

 

顔面が超絶イケメンなのに加えて身長まで高いなんて。

 

片方だけならいくらでもいますが、両方兼ね備えているのは反則です。

 

キムタクでもトムクルーズでも顔はかっこいいですが、身長は無いのに福山は身長もあります。

 

これはずるい。

 

声が良い

福山雅治の特徴の一つが声ですね。

 

声がイケメン過ぎる。

 

顔が良い、スタイルが良いだけでもチートですが駄目押しで声まで良い。

 

この3つが揃うのは、そうそうありえません。

 

まず、外見の面では死角らしい死角が全くありません。

 

歌が上手い

歌手としての才能もあります。

 

桜坂がダブルミリオンに、ミリオンヒットも何個もあります。

 

ウォーターボーイズの虹とか邦楽を一番聞いていた子供の頃にリアルタイムで聞いていましたが、最高でした。

 

確か、毎週の様に歌番組で1位になっていた記憶があります。

 

個人的には比較的新しい曲だと「家族になろうよ」とかも最高に好きです。

 

演技も出来る

俳優としても活躍しています。

 

テレビドラマ
『ひとつ屋根の下』(1993年)
『いつかまた逢える』(1995年)
『ひとつ屋根の下2』(1997年)
『めぐり逢い』(1998年)
『パーフェクトラブ!』(1999年)
『美女か野獣』(2003年)
『ガリレオ』(2007年・2013年)
『龍馬伝』(2010年)
『ラヴソング』(2016年)
『集団左遷!!』(2019年)

 

映画
『容疑者Xの献身』(2008年)
『真夏の方程式』(2013年)
『そして父になる』(2013年)
『SCOOP!』(2016年)
『三度目の殺人』(2017年)
『マンハント』(2018年)
『マチネの終わりに』(2019年)

 

こうして見ると1993年からずっと出続けていますね。

 

話題性やイケメンというだけでドラマや映画に主演する俳優は多いですが、福山雅治の場合は大河ドラマの主演でも超高評価を得ているので事務所のゴリ押しや見た目だけの起用ではなく、本当に演技が上手いと言えます。

 

面白い

芸能人なので見た目がカッコイイ人は多いですが、面白さも兼ね備えている人は少ないです。

 

イケメンはクールで物静かな場合も多いですが、福山雅治は喋りもいけます。

 

下手な芸人よりも面白いと思います。

 

福山雅治のラジオが面白いのは有名な話です。

 

ラジオでは下ネタも多いですが、福山雅治の下ネタは許されるという風潮。

 

普通の50歳のおっさんが下ネタを言っているとキモい以外ありませんが、福山雅治となると嫌な感じがありません。

 

まとめ

あまりにもイケメン過ぎる上に多彩過ぎる。

 

顔が良い、スタイルが良い、声まで良い、歌も演技も出来る上に面白い。

 

オールラウンド過ぎる。。。

 

これはパーフェクトヒューマン以外の何者でもないです。

 

嫉妬するのも馬鹿らしくなってしまう程に完璧過ぎる。

 

抱かれたい男ランキングで何度も1位になっているのが女性人気を物語っていますが、男目線で見てもカッコ良すぎます。

 

正直、奥さんの吹石一恵さんが羨まし過ぎますね。

 

私の中で大好きな芸能人の一人です。