サボログ×てんログ

※ブログ説明※

MENU
しばらく商品紹介、アプリ紹介多め!

元東方神起ユチョン結局薬物陽性で芸能界引退!息を吸うように嘘をつく韓国人

20190630184106

f:id:shironopoem:20190424230803j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

先日から個人的に気になっていたニュースが急に進展していました。

 

韓国の元東方神起メンバーのユチョンが薬物使用確定で芸能界引退。

 

東方神起とか本人とかに特に興味はありませんでしたが、薬物疑惑が出てすぐにかなり神妙な記者会見をしていたのが印象に残っていました。

 

なかなかの演技力で、これは白かと思われていたところ今回結局黒でしたというギャグのような展開になったわけです。

 

 

ニュース

C-JeSエンターテインメントは24日、「(薬物使用疑惑をめぐり)潔白だというユチョンの主張を信じ、捜査状況を見守ってきたが、国立科学捜査研究院による検査の結果、陽性反応が出たということを、昨日報道を通じて知った」とした上で「所属アーティストであるユチョンの陳述を信じ、検査結果が出るのを待っていたが、このような結果になり、今は惨たんたる思いだ。

 

これ以上信頼を回復することはできないと判断し、専属契約を解除することを決定した」との立場を表明した。

 

 『ニュースデスク』(MBC)では23日、「検察が国立科学捜査研究院から受け取った検査の結果、ユチョンから薬物の陽性反応が出た」と報道。

 

それによると、ユチョンのすね毛から薬物の陽性反応が出たという。

 

 C-JeSエンターテインメントは「ユチョンが記者会見で話した通り、芸能界を引退するものとみられ、今後すべてのスケジュールを全面的にキャンセルし、裁判所の決定に従うことになる。

 

今回の事案の深刻性と責任を痛感しており、二度とこのようなことが起きないよう、徹底した管理・改善のために最善を尽くしたい」との立場を示した。

 

 なお、これに先立ち、ユチョンは元交際相手で南陽乳業創業者の孫のファン・ハナ容疑者から一緒に薬物を使用したと名指しされたのを受け、悔しさを訴えた。

 

ユチョンは記者会見を開き「薬物を使用したことはなく、勧めたこともない。

 

再び演技をしたり活動したりするために、一日一日力を奮い起こして苦痛に耐え、努力している。そんな僕が全ての努力が水の泡になるような薬物を頭に浮かべたり、使用したというのは、想像もできないこと。容疑が認められたら、芸能人パク・ユチョンとしての活動を中断する」と主張していた。

 

サボり的ちょっとしたまとめ

元東方神起メンバーで現在は東方神起を辞めてJYJというチームで活動していたユチョンが薬物を使っていたと元カノ(超金持ちお嬢様)にバラされる。

髪を染めたり、全身の毛を剃ったりして薬物反応が出ないように証拠隠滅を図る。

更に、身の潔白を証明するために記者会見を開き、薬なんて使ってないと完全否定。

いったん簡易検査するも白。

一応しっかりしたところで調査してもらいましょう。

ユチョンのすね毛から薬物(ヒロポン)陽性反応が。

会見では嘘しかついていなかったことがばれる。

事務所が速攻で切る。

引退発表。

逮捕状請求。

 

嘘会見(全文)

こんにちは、パク・ユチョンです。

 

私がこの場に来るまで、誠に沢山の考えと悩みがあり、すごく大変な時間でありました。

 

しかし、勇気を出してこの場を決心したのは、私がすべての事を直接、率直に申し上げることが正しいと思ったからです。


私はうつ病の治療を受けていました。

 

暫くは長い捜査を受けていましたし、法的に「無嫌疑」が立証されたが、私は社会的な叱咤と道徳的な罪悪感、そして恥ずかしさで苦痛の時間を過ごしました。

 

自粛して反省すると、また始められると思っていましたし、ただ、ただ、死んでしまいたいとの気分になったり、自分を容赦できない瞬間が訪れる時は、眠ることも出来ず、お酒を探したりもしました。

 

精神科でうつ病を治療を受けたり、処方された睡眠剤でやっと眠れたりする日々が多かったです。


私は、私は決して麻薬を使用していませんでした。

 

報道を通じて、ファン・ハナが芸能人を指名し、麻薬を勧誘したとの内容を観ながら、それが私だと誤解されることもあると思い、怖かったです。

 

私は決して麻薬を使用していないのに、私は結局麻薬を使用した人になるのか、との怖さもありました。

 

違うといくら話しても、結局はそうなるしかない、との恐怖が訪れました。

 

しかし、私は決して、決して、麻薬を使わなかったから、捜査機関に行って調査を受けるとしても、私が直接(皆さんに)申し上げないといけないと思いました。

 

まず、私はファン・ハナと昨年の始め、別れる決心をして、決別しました。

 

決別後、私はファン・ハナに脅迫されましたが、その人は私が誠に辛かった2017年、その時期に、世の中が皆、私に背向いたと思った時に、私の側で私を愛してくれた人だったので、責任感があり、申し訳ない思いも大きかったです。

 

なので別れた後に急に連絡してきたり、家を訪ねてきて話かけると、聴いてあげようとし、毎回謝って、心を癒してあげようとしました。

 

その時は、本当に辛くて、私は処方された睡眠剤を飲んで眠ったことが多かったです。

 

ファン・ハナもうつ病で睡眠剤を服用していると分かっていて、私はその薬とは関連がありません。

 

私の前で、麻薬の前科があるとか、不法な薬を服用するとの話をしたことはありません。

 

ただ、別れた後、うつ病が深刻になったと話していました。

 

私を恨む話を言い続けました。

 

私も、記事で接してビックリして、切ない気分になりました。

 

しかし、麻薬を使ったことはありませんし、勧誘したことはなおさらありません。

 

私は、また演技をして、活動するため、日々苦しい苦しい苦痛に耐えながら努力しています。

 

そのような私がそのすべての努力が水の泡になるような麻薬を考えたり、服用することが想像も出来ないことです。

 

私は警察署に行って、誠実に調査を受けます。

 

私が記者会見に来た理由は、この件で私の嫌疑が認められたら、これは芸能人パク・ユチョンとして活動を中断し、引退する問題を超えて、私の人生の全てが否定されることなので、切迫した気持ちで来ました。

 

ありがとうございます。

 

この場に来ていただいて、そして、私の話を聴いてくださって、もう一度、ありがとうございます。

 

この会見では薬物など一切使っていないとはっきり言っています。

 

実際の会見映像も見ましたが、黒髪とスーツでかなり神妙な面持ちで嘘など言っていないかのように振舞っていました。

 

会見直後はSNSでファンからのユチョン信じてる()というようなツイートをたくさん見かけました。

 

まとめ

疑惑が出た直後の会見では完全否定していたのに嘘をついていたことがさくっとばれてしまいました笑。

 

息を吸うように嘘をつくとはまさにこのことです。

 

あんまり人種差別的な事は良くないのはわかっているんですが、ネットでも良く言われていますが韓国人はこういう人種だと思ってしまいます。

 

平然と嘘を並べる。

 

基本的にあーいった会見は一切信用してはいけませんね。

 

やっぱり火の無い所に煙は立たないです。

 

また、体中の毛を剃ったり、髪の毛を染めたりして薬物反応を隠そうとしていた説があって性悪だなと思います。

 

ただ、結局足の毛から陽性反応が出ていたり、売人から買ってるところの動画が抑えられているとかガバガバ感があって頭が悪そうな印象。

 

ちょっと抜けてて可愛いと言えばいいのか?笑

 

ファンはそういうのが好きなのかもしれません。

 

95%は見た目から入っているファンばかりでしょうが。

 

実際に顔は当たり前の様に整形だと思いますが、スタイルが良いです。

 

見た目はただのイケメンで普通にしていたらイージーモードな人生継続だったのに残念な結果に。

 

このユチョン実は3年前に性的暴行容疑も出ています。

 

元々素行が悪かった模様。

 

捕まるべくして捕まったと言えるかもしれません。

 

ちょっと調べると、実際に韓国人芸能人の犯罪はわりと多いことがわかりました。

 

わざわざ日本に来てゴリ押しもありつつ活動させてもらっているんだから、日本で犯罪犯すなよと思います。

 

www.saborite.com