サボログ×てんログ

※ブログ説明※

MENU
しばらく商品紹介、アプリ紹介多め!

【映画】ランエボに北川景子に妻夫木聡も出演!ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTを見た感想

20190630184106

f:id:shironopoem:20190419234443j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

ワイスピのEURO MISSIONを見た直後にX3 TOKYO DRIFTを見ました。

 

これが時系列上正しい順序です。

 

この作品は今までの作品とちょっと雰囲気が違いましたが面白かったです。

 

 

あらすじ

アリゾナに暮らす、クルマだけが生きがいの高校生ショーン・ボズウェルは、ジョックの挑発により行ったストリート・レースの末に大事故を起こし警察に補導されてしまう。

 

ショーンはこれまでにも2度同じような騒ぎを起こして補導されており、ついに今回の一件で母親に愛想を尽かされ、東京の米軍基地に勤務する軍人の父の下で暮らすことになった。

 

ショーンは「カーレースをしない」というルールを定められ、日本の高校に転校。

 

しかし転校先の高校で同級生のトゥインキーに誘われ、夜の街での立体駐車場で行われるドリフト・バトル、そして「D.K.(ドリフト・キング)」の名を持つタカシの存在を知り、ドリフトの心得が無いにもかかわらず、タカシの仲間であるハンから日産・シルビアを借りて挑むも、車をボロボロにした挙句に惨敗してしまう。

 

しかしハンは、ショーンにドリフトの才能があると見抜き、タカシを倒して下克上を果たすという目的を達成するため、直々に稽古をつけ始める。

 

ショーンはそれに応えてめきめきと腕を上げ、同級生のニーラにも気に入られ、お互いに惹かれ合う関係となった。

 

そして父の家ではなくハンの経営するガレージに寄り付くようになる。

 

だが、ニーラと長い付き合いがあり、彼女をモノにしようと狙うタカシはそのことに不満を抱き、ショーンを殴り「ニーラに近づくな」と警告する。

 

そしてある日、タカシの叔父であり、暴力団の組長でもあるカマタが、タカシたちのグループから納められるはずの上納金が支払われていないことを咎める。

 

タカシから金の管理を任せられていたハンは、下克上の資金として上納金を着服していたのだった。

 

それを知ったタカシはハンとショーンに襲いかかり、都心での過激なカーチェイスに発展。

 

その際にハンが事故で落命してしまい、代わってショーンが命を狙われてしまう。

 

ショーンは父に叱責されてアメリカに送り返されそうになるが、自分の手で始末をつけるために父を説得し、カマタに上納金を返却しに向かう。

 

ショーンはハンに代わってカマタに謝罪すると同時に、「自身とタカシでバトルを行い、負けた方が街を去る」という条件を提案し、カマタはこれを認める。

 

ショーンは父の整備していたフォード・マスタングに、ハンから借りて壊したままのシルビアに搭載されていたエンジンを載せ替え、タカシだけが走破することが出来たと言われる峠道でのレースに挑み、見事これを制して無罪放免となる。

 

それと同時にタカシは町を追放され、ショーンは二代目D.Kを襲名し、東京のヒーローとなった。

 

その後のある日、ハンの親友を名乗る新たな挑戦者が現れたことがトゥインキーからショーンに告げられた。

 

その挑戦者とは、アメリカで名を馳せた走り屋のドミニク・トレットであり、彼とのドリフト・バトルが始まったところで物語は幕を閉じる。

 

サボり的要約

車好きの高校生が問題を起こして各地を転々としていた過程で日本に来る。

DKと1回目のバトルで車をボコボコにして惨敗。

ハンに鍛えられて成長。

DKと2回目のバトル。

 

勝敗の行方は?

 

このような流れです。

 

DKはドリフトキングの略でクソダサいけど、ストレートで逆にかっこいい笑。

 

ただの暴力団が知り合いにいるから調子こいているだけの男かと思ったらドリフトが超上手いやつだったという展開。

 

今回の主人公は今までのパターンと違って車の運転は元々そこまで運転が上手くなかったけどハンに育てられて成長してドリフトが上手くなります。

 

この成長パターンは今までに無かったのでちょっと新鮮な気持ちでワイスピを見ることになると思います。 

 

見所

印象に残ったシーン

スクランブル交差点をドリフトで抜ける 

f:id:shironopoem:20190420002220j:plain

この人がわらわらいるところに突っ込んでいって、人が焦って道路横に移動したところの間を縫う様に左側から右上にドリフトで抜けていくシーンがあります。

 

時間が止まったみたいな演出でクソカッコイイです。

 

このシーンだけ何度も見たくなるレベルで鳥肌が立つシーン。

 

立体駐車場をドリフトしながら登り切る

立体駐車場をずっとドリフトしながら登り切るシーンがありカッコイイです。

 

ミスったら横壁にぶつかってしまうので、相当なスキルが必要。

 

ラストでドミニク登場

ワイルド・スピードといえば過去作品のキャラが毎回出てくるのも作品の重要で面白いポイントの一つですが、この作品はハンくらしか過去作品のキャラが出てきません。

 

そんな意味では今までのワイルド・スピードとは違う感じです。

 

ですが、まさかの最後で新たなドリフトキングになった主人公の挑戦者として、最近アジアを荒し回っているというドミニクが登場。

 

友情出演という感じですかね。

 

今までワイルド・スピードを続けて見てきていた人達こそ嬉しくなる演出。

 

主人公のランエボに対して、アメ車で勝負を挑んできたところで映画が終了です。

 

アメ車はなぜあんなにカッコイイのか。

 

ハン死亡

f:id:shironopoem:20190420191831j:plain

DKとカーチェイスの末、追い詰められて他の車と事故って車がクラッシュ後に大爆発で死亡確定です。

 

ずっと好きなキャラだっただけにショックでしたが、前作で恋人のジゼルが死亡しているということもあり、ハンも覚悟を決めていた説。

 

カッコイイ車

ランエボ

f:id:shironopoem:20190420190627j:plain

主人公が今作で転がしていた赤いランエボ。

 

めちゃくちゃかっこいいです。

 

私も昔はランエボ乗りだったので、ランエボメインの今作はテンションアップでした。

 

ちなみに、ワイスピの過去作品でもランエボは出てきます。

 

RX-7

f:id:shironopoem:20190420190607j:plain

RX−7と言えば、イニシャルDの赤城レッドサンズ 高橋 涼介のイメージしかありませんでしたが、この配色もカッコ良すぎる。

 

ハンが運転してDKとカーチェイスをするシーンはめちゃくちゃかっこ良かったですよ。

 

日本人出演者

北川景子、妻夫木聡、曙などの日本人が出演しています。

f:id:shironopoem:20190420190645j:plain

13年前の北川景子です。

 

当時から抜群に可愛いです。

 

今はばっちり綺麗系ですが、昔は若くて可愛い系に近いイメージでした。

 

当然ながら化粧も薄い笑。

 

完全に個人的な意見ですが、この時期の可愛い路線の北川景子の方が好きです。

 

可愛い系の北川景子が見たい人は、そのためにこの作品を見るのもありだと思います。

 

f:id:shironopoem:20190420191226j:plain

妻夫木聡は今もあんまり変わりませんね。

 

ずっと爽やかでカッコイイです。

 

まとめ

この作品過去のワイルド・スピードとはほぼ別物と思って良いです。

 

繋がりみたいなものが0に近いです。

 

ハンが出てくるくらい。

 

後はラスト友情出演のドミニクかな。

 

言ってしまえば、ここまでワイスピを見ていなくても全然楽しめます。

 

もっと言えば、ワイスピは続いている作品なので前作品を見るに越したことはありませんが、前作品を見なくても楽しめる作品だったりするんですけどね。

 

とにかく、この作品は日本が舞台です。

 

もしかしたらここ知ってるという場所が出てくるかもしれませんし、北川景子など今も人気の日本人女優や俳優も出てきます。

 

車以外の部分に着目しても面白い作品。

 

当然ながら、ドリフトシーンなどもめちゃくちゃカッコイイシーンが多いですよ。

 

この作品も間違いなくおすすめで見て公開することはないので、是非!

www.saborite.com

www.saborite.com