サボログ×てんログ

※ブログ説明※

MENU
しばらく商品紹介、アプリ紹介多め!

小学4年生の女の子の虐待死事件について。周りの悪手が重なったか

20190630184106

f:id:shironopoem:20190515233810j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

酷い児童虐待ニュースがあったので、個人的見解を書いてみます。

 

事件ニュース

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が1月に親から虐待を受けた後に死亡した事件で、心愛さんが県柏児童相談所に一時保護された2017年11~12月、「父親から下着を下ろされた」などと訴え、医師が「性的虐待の疑いがある」と診断していたことが県への取材で明らかになった。

児相は診断内容を把握しながら同12月に一時保護を解除しており、県は今後、第三者委員会で判断の妥当性を検証する。

事件を巡っては、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)の初公判が16日に千葉地裁で開かれる。

父勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の裁判員裁判の期日は決まっていない。

県児童家庭課によると、心愛さんは職員や医師に「パパが急にズボンを下ろしてきた。

パンツも脱げて『やめてよ』と言ってすぐに上げたら、パパから『そんなこと言うとバレるだろ』と言われた」と話した。

また、寝ている間に起こされて手で口と鼻をふさがれ、「息ができなくて死ぬかと思った」などとも訴えた。

医師は「恐怖心はかなり強い」との所見をまとめ、「PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態」と診断した。

この診断内容は同年12月27日の児相の援助方針会議で共有されたが、児相は保護を解除した。

県の虐待対応マニュアルでは、性的虐待の疑いがあった場合、保護の緊急性を高く評価することになっている。

だが、保護解除にあたって診断内容からリスクをどう評価したのか分かっておらず、同課は「児相が性的虐待の疑いをどう評価すべきだったか、第三者委員会の重大な検証事項と受け止めている」としている。

 

心愛さん死亡事件をめぐる経緯

2017年

7月14日 沖縄県糸満市から児童相談所に「親族から母親へのDVの相談を受けている」

9月1日 千葉県野田市内の小学校に転校

10月   野田市の要保護児童対策地域協議会が「要支援児童」に認定

11月6日 小学校のいじめアンケートに心愛さんが「お父さんにぼう力を受けています」

7日 野田市から連絡を受けた柏児童相談所が一時保護を開始

11~12月 保護期間中に心愛さんが「パパが急にズボンを下ろしてきて、パンツも脱げた」「寝ている時に口と鼻をふさがれて死ぬかと思った」と打ち明ける

12月27日 児相が一時保護を解除し、親族宅に移る

2018年

1月15日 市教委がアンケートのコピーを父勇一郎被告に渡す

17日 児相が親族宅を訪問

18日 野田市内の別の小学校に転校

2月26日 勇一郎被告が心愛さんに「お父さんにたたかれたというのはうそ」と書かせた紙を児相職員に示し、「家に連れて帰る」と要求

28日 児相が「虐待の兆候がない」などとし、帰宅してもいいと判断。その後、自宅に戻る

3月19日 児相が学校で心愛さんと面談。心愛さんが児相職員に紙は勇一郎被告に書かされたことを告白

2019年

1月7日 欠席すると勇一郎被告から学校に連絡

24日 心愛さんが遺体で発見される

25日 勇一郎被告を傷害容疑で逮捕

 

実の子に虐待をしていた

連れ子虐待パターンは多いですが、実の子に虐待をしていました。

 

連れ子パターンは血の繋がっていない子供なので、虐待が発生しやすいのもわからなくもないですが、実子に虐待はちょっと理解に苦しみます。

 

可愛くないのだろうか。。。

 

児童相談所にも責任あり

児童相談所は親が怖くて屈した

子供がぼう力を受けている、蹴られるなどと回答したアンケートのコピーを恫喝されて親に渡す

アンケートって絶対見せたらいけないものですよね。

 

子供が勇気を振り絞って父親に見られないと思って書いているのに平然と裏切るのは酷いでしょう。

 

何も問題が解決していないのに親元に子供を返す

問題が解決していないのに、子供を父親に返しています。

 

恐喝され過ぎて面倒になったのではと思っています。

 

今回の児童相談所の対応はダメ過ぎると思います。

 

今回、子供が亡くなった責任の一端は児童相談所にもありますねこれ。
むしろ半分くらいはここが悪い気がします。

 

悪手を繰り返し過ぎ。

 

アンケートを父親に見せなければ、子供が児童相談所に訴えていることを知らずに過激にならなかったかもしれないとか、子供を中途半端に帰さなければとか良い方向に向かえそうなルートもある中でことごとくあえて悪いルートを選んでいる印象。

 

児童相談所が本当に子供を守りたいと思っていないのではと思っています。

 

児童相談所は人不足とも聞きますし、ちゃんと子供と向き合わずにとりあえず形式上仕事を遂行した様な印象を受けますが。

 

母親にも責任あり

DVをやる男は総じてゴミクズです。

 

相手が女性だと大抵男の方が強いのは当たり前なので、自分より弱く絶対に勝てる相手に暴力を振るうという構図が成り立ちます。

 

DVの気がある男と結婚、付き合ってしまった女性はそういう兆候がちょっとでもあればすぐに別れるべきでしょう。

 

ちょっとでも兆候があれば、発展してDV男に進化する可能性は高いと思います。

 

ちょっと強引とか、強気の男が好きという女性は意外と多いです。

 

言葉だけでもきついかもしれませんが、少しでも手を出してきた事があれば即別れるべきです。

 

先を考えると必ず苦労するので辞めた方が良いです。

 

今回はDV男が一番悪いのは確実ですが、DV男とわかっても離れなかった母親にも責任があるでしょう。

 

というか、1度は別れているのに何故か別れている最中に第二子を妊娠して再婚しています。

 

男が長女会わせろと恐喝してきて会っていたという話ですが、連絡を完全に断つなどするべきだったと思います。

 

ちょっとここらへんがゆる過ぎます。

 

DVに加えて職を7回程転々として長続きしなかったという典型的なダメ男なので、この男に拘る意味も無かったはずです。

 

ゴミクズなのは1回目の離婚で分かっているのですっぱり切るべきでしたね。

 

更に、子供がDVで殺されるのを黙ってみています。

 

自分にされるのが怖かったということですが、中々クズな理由です。

 

わからなくもないですが、暴力を振るわれている子供を自分可愛さに殺されるまで無視するのはありえないです。

 

何度か注意をしたそうですが、逆上されたということで仕方ない面もありますが、それならそれで別に手段があったはずです。

 

親をもっと巻き込むとか、強く児童相談所に言うとか。

 

DV男が酷過ぎる

性的虐待

このニュースは前からありましたが、今回のこの追加情報はキモ過ぎる。

 

DVだけでもクズですが、こんな性癖まであるとはこいつは救いようがないです。

 

百歩譲って連れ子に欲情するならわかりますが、実子にはありえない。

 

脳が損傷していると思います。

 

仮に連れ子にしても10歳はありえませんが。。。

 

マジでこんな最低レベルの男がいるのに驚きます。

 

子供に嘘を言わせている

アンケートを見た後は、子供に暴力は無くなったというようなことを強制して紙に書かせています。

 

あまりにも悪質過ぎる。

 

住居を転々とする

地方のから虐待でつめられる度に場所を移動していた模様。

 

虐待では結構ありがちなケースのようです。

 

場所を転々としてまで虐待を繰り返す意味がわかりません。

 

移った時に見つめ直せよと。

 

 

具体的な対策案

一度でも児童相談所に保護された子供は二度と返さない

児童相談所に保護される時点で子供が受けているDVは1回や2回ではないですよね。

 

元々DV気質のやつがそう簡単に更生出来る訳が無いので、一度でも保護された子供はもうDV男の元には返さないという選択肢が必要かなと。

 

この場合は子供を見るのは母親になるので、強制的に母親と父親も別れることになりますが。

 

ただし、絶対に住所などを明かさずに養育費などの金はDV男からきっちり回収。

 

この場合、嫁も実家に住むのは不可能でしょう。

 

母親はDV男はきっぱり切る

DV男と何だかんだ生活を続けてしまう母親はいると思いますが、切れるならきっぱり切るべきでしょう。

 

DV男に経済力があり、自分が頼らないといけないなら厳しいですが、今回の件ですとDV男は職を転々として一時期は母親の150万の貯金を食いつぶして生活していたようです。

 

とことんクズ。

 

DVをするような奴は経済力が無いパターンも多いんですよね。

 

DVに加えて金も無い、見た目もお世辞にも良いとは言えない、こういう男にいつまでも関わっているだけ時間の無駄でしょう。

 

アメリカに学ぶ

アメリカの児童を取り巻く事情は日本より離婚なども多く、複雑な家庭が多いということもあるらしいですが以下の様なスタンスのようです。

 

・親を信用しない

 

・親に任せない

 

・親と一緒にいるのが良いという考え方をしていない

 

アメリカの児童相談所的なところは基本的に親を一切信用しないというスタンスのようで、今回の日本の児童相談所のような対応はまずしないようです。

 

まとめ

今回DV男はどうしようもないのは言うまでもないですが、加えて母親と児童相談所とそれぞれの判断ミスが重なって子供が命を落とすことになってしまったように思います。

 

それぞれの悪手が重なって悲惨なことになってしまったと。

 

DV男が救いようもやつっぽいので、母親が完全にDV男を切るという判断をしない限りは遅かれ早かれこういうことになっていた可能性はありますが。

 

毎年必ず日本のどこかで虐待が発生し、中には命を落とす子供もいるのが残念でなりません。