サボログ×てんログ

※ブログ説明※

MENU
しばらく商品紹介、アプリ紹介多め!

虐待死事件の犯人が完全にサイコパス!救いようがないので重罪にすべき!

20190630184106

f:id:shironopoem:20190517232250j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

最近、子供が被害に合う事件に厳しいサボりです。

 

千葉県の小学4年生女児虐待死事件で操作が進み新たなことがわかりましたが、悲し過ぎて知りたくなかったという情報もありました。

 

父親がただの異常者のサイコパスだったようです。

 

 

栗原なぎさ被告の供述調書の内容(心愛さんが今年1月24日夜に死亡する直前の凄惨な虐待の状況)

虐待が激化したのは、勇一郎被告がインフルエンザになり、家にいる時間が長くなった同月21日ごろ。

 

「心愛の存在自体が嫌だ」と言い、寝室に閉じ込めるように。

 

トイレにも行かせず、心愛さんは失禁するようになった。

 

勇一郎被告は22日夜、「壁を向いて立っていろ」と言ってソファに座って監視。

 

翌23日明け方になぎさ被告がトイレに立つと、まだ監視を続けていた。

 

その後、勇一郎被告が寝入ったすきに、心愛さんはなぎさ被告が眠る寝室に入ってきて「ずっと立たされていた」と話した。

 

午前9時、なぎさ被告が食事を作り始めたとき、ソファで横になっていた勇一郎被告が起き上がり、心愛さんが立っていないことに気づいた。

 

心愛さんを寝室から連れ戻し、再び立たせて朝食を食べさせなかった。

 

夕食後、心愛さんは失禁。

 

「どうするんだ」とすごむ勇一郎被告に、心愛さんは「そこで立っています」と答えた。

 

24日午前1~2時ごろ、心愛さんがまた失禁。

 

勇一郎被告は「もう着替えがないぞ。いつまで立ってるんだ」と詰問し、心愛さんは「午前10時まで立っている」と言わされ、結局朝まで浴室で立たされた。

 

浴室や廊下が寒いことは分かっていたが、なぎさ被告は「布団をあげなかった」。

 

同日午前、心愛さんは浴室で肌着1枚で体育座りのような格好。

 

髪と肌着はぬれ、肌が透けていた。

 

午後3時ごろ、勇一郎被告が「今から5秒以内に服を脱げ。5、4、3、2、1」と数え始めたが、心愛さんは脱ぐ力もなかった。

 

勇一郎被告はボウルいっぱいに冷水をため、心愛さんの頭にかけることを3回くらい繰り返した。

 

その後、「シャワーで流せよ」と言い、心愛さんはお湯を出そうとした。

 

しかし勇一郎被告は冷水に変えさせ、躊躇なく背中や頭にかけた。

 

心愛さんは背中を丸めて震えていた。

 

午後4時、勇一郎被告は心愛さんをリビングに連れてきて、うつぶせにしてプロレス技をかけた。

 

午後5時前後、また失禁した心愛さんに「いい加減にしろ」と言って、夕食を与えなかった。

 

午後9時、心愛さんがなぎさ被告に「トイレに行きたい」と言ったため、なぎさ被告は「いいよ」と答えた。

 

心愛さんは「寒い、寒い」と言いながら、リビングのストーブの前で手を伸ばして当たっていた。

 

午後9時50分、なぎさ被告は心愛さんと寝室に入ろうとした。

 

だが、それに気付いた勇一郎被告は「掃除をさせる」と心愛さんを浴室に連れ出した。

 

しばらくするとドンという音が2回した。

 

勇一郎被告が「心愛が動かない」と冷静に言ってきた。

 

なぎさ被告が浴室へ行くと、心愛さんが青ざめた顔であおむけに倒れていた。

 

お湯を掛けても反応がなく、脈も確認できなかった。

 

夫は死刑でも生ぬるい

この内容を読んでちょっと結びつけてしまうのが「女子高生コンクリ事件」。

 

初めて聞いたという人は検索しない方が良いですよ。

 

最悪なんで、知らない方が良い。

 

あれも相当に胸糞が悪い事件でしたが、今回の虐待事件はあれに匹敵するくらい酷過ぎる事件だと個人的に思います。

 

ずっと壁を向いて立たせてトイレにいかせないとか、寒い風呂に閉じ込めるとかもうこれ虐待というより拷問だと思います。

 

子供にこんなことが平然と出来る、それも実子ですからね。

 

完全に頭がいかれてますよ。

 

もしかしたら、この男サイコパスも入ってるかもしれません。

 

コンクリ事件でもトイレにいかせずに汚くなったといって被害者を最終的に殺してしまいましたが、人を人と扱わないようになりだしたら黄色信号だと思いますね。

 

やってる奴もだんだんとエスカレートしていって、自分でも限度がわからなくなってるんじゃないかと。

 

やはり妻も同罪

何としても娘を守るという姿勢があれば守れていたのではないかと思ってしまいます。

 

供述を見る限り、どう考えても夫の頭がおかしいことがわかりきっているので、早めに娘を連れて逃げるべきでしたね。

 

部屋に閉じ込めるあたりでもちょっとおかしいのはわかりますが、トイレに行かせないとか壁に向かって立たせたりとか拷問にシフトしたところからもう完全に狂ってるのはわかりきってるはずです。

 

これを見る限り見て見ぬふりですよね完全に。

 

自分可愛さに見て見ぬふりをしているのは許せないですよ。

 

最悪、夫を包丁で刺して逃げるとかそういった強行手段に出てでもとにかく何としても連れて逃げることが必要だったかと。

 

夫の経済力もしょーもないですし、自身の32歳という年齢を考えると本当に稼ごうと思えば手段はいくらでもあるしやっていけると思います。

 

妻が夫に全く逆らえない状況みたいなところを見ると、これって亭主関白の最終形態みたいな感じですかね。

 

あまりにも強い亭主関白でやっている家庭はパワーバランスを見直した方が良いかもしれませんね。

 

主人の判断が全てって状態だと、一人が判断をミスると速攻で一家がダメになるリスクがありますよね。

 

物事の判断に限らず、今回みたいな誤った方向に進みだしても同じです。

 

妻に頭が上がらないんですよーとか言ってる世の中のお父さんはたくさんいて、一見格好悪く見えてもあれはあれで実は良いのかもしれませんね。

 

かかあ天下的な家庭が増えれば虐待が多少は減りそうな気がします。

 

実際に子を産むのは女性だし、力も男性に比べて女性の方が弱いものなので女性が強い方が虐待率は低くなると思います。

 

一番良いのは、夫婦は丁度対等で中立な感じをお互いが意識して、判断ミスを補い合うみたいなスタイルですが、現実は中々難しいですね。

 

対策

虐待も重い罪にする

今回のケースは死刑で良いと思いますね。

 

これ更生の余地が無いですよ。

 

完全に頭がいかれてネジが外れてしまってるし。

 

例えば、こいつをムショに入れたとして数年で出てくるとは思いますが、今度は全然別のそこらへんに歩いている子を拉致って部屋で監禁して拷問、下手すると殺すということを普通にやりそうです。

 

過去に子供虐待経験がある人が身近に住んでいるって実はめちゃくちゃ怖いと思います。

 

百歩譲って虐待までは更生の余地を与えても、拷問とか殺人までいってしまっている奴は強制死刑で良いかと。

 

救いようが無いというのはまさにこういう奴のためにある言葉かと思います。

 

シビアに親から引き剥がす

前回、この事件を取り上げた際に書きましたがアメリカの児童相談所は親を一切信用していないらしいんですね。

 

向こうは離婚も多く、複雑な家庭環境が多いからということでした。

 

日本は子供は親と一緒にいる方が絶対に幸せという考え方が根付いているので、そこらへん変えていった方がいいかと。

 

虐待してある日治まったように見えても、またいつ再発して治まる前よりハードな虐待が始まるかわかりませんし、一度でも虐待を認められた家庭はもう子供と親を完全に引き離して一切合わせないというスタイルにすべきかと。

 

やっぱり人の根本的なところって簡単に変わりませんよ。

 

子供を引き取る施設が無いなどの問題はあると思いますが、何とかなりませんかね。

 

例えば、孤児と養子が欲しい人の良い感じのマッチングサービスとか作ったりしたらどうでしょうか。

 

まとめ

こういうニュースは悲しいし、もう子供はこの世に居ないのでどうしてあげることもできないのが残念です。

 

子を持つ親としては反面教師にして自分達は絶対に虐待なんてしたらいけないんだと戒めにするくらしかできません。

 

今後、少しでも虐待事件が減るのを願うのみです。

www.saborite.com