サボログ×てんログ

※ブログ説明※

=================お知らせ=================
無言ブクマもウェルカムですーm(._.)m
=========================================

警察の誤認逮捕とかいう怖すぎる案件!青信号なのに捕まることがある

f:id:shironopoem:20190609203124j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

私は警察に逮捕されたことがありません(当たり前か笑)が、警察の誤認逮捕のニュースを見てとても怖いなと思いました。

 

私は基本的に警察をあまり信用しない方ですのでそういう目線から書きます。

 

 

ニュース

愛知県警津島署は6月7日、道交法違反(無免許)の疑いで、男性(20)を誤認逮捕したと発表した。

 

男性は約6時間後に釈放された。

 

署によると、同日午前零時ごろ、同県愛西市の県道で、署員が職務質問した際、運転席から移動する姿が見えたため、助手席にいた無免許の男性を運転者と判断し、現行犯逮捕したという。

 

男性は「私は運転していない」と否認。

 

その後、防犯カメラの映像などから、後部座席にいた三重県鈴鹿市の会社員の男(22)が運転していたと判明した。

 

署は同日午前6時40分ごろ男性を釈放し、男を同容疑で逮捕した。

 

車には知人同士の成人男女4人、乳児2人が乗っていた。

 

その他ネットで話題になっていた誤認案件※画像のみ

f:id:shironopoem:20190609203214j:plain

こちらは逮捕ではなく、反則切符

 

両案件に共通して言えること

防犯カメラやドラレコが無いなら無実を証明できていなかった

最初のニュースは後で防犯カメラの映像から、逮捕された男性が運転手じゃなかったことが判明しています。

 

2つ目はドライブレコーダーの提出までしてやっと信号無視をしていなかったことが判明しています。

 

両方の案件に共通して言えるのが、自分が声をあげて動かなければ無実を証明出来なかったという点。

 

これっていくらなんでも怖過ぎますよね。

 

特に闇が深いポイントが1件目の6時間もかかっている点、2件目の警察が取り合わなかったという点。

 

警察は基本的に自分達が100%確実に正しい!と思い込んでいるんですよね。

 

加えて違反者は完全に下と見下して、とんでもなく強烈な態度で接してきます。

 

私も警察に違反切符を切られた経験が何度かありますが、まるでヤクザの様にきつい態度で物を言ってきて気圧されたことがあります。

 

恐喝という言葉が近いかもしれません。

 

こちらが何か反論しても、一切聞く耳を持たないのが基本です。

 

ルールでそうなっているからだとは思いますが、警察車両の中に入れられての会話になるので心理的にも負担を強いられます。

 

今回の件では両方ともことなきを得ているんですが、警察というものは会話している中でとんでもない圧力をかけてくることが普通にあるので、自分が実際にやっていなくてもやってないと言い出せない人も多いと思います。

 

1件目で防犯カメラに映っていなかったら、2件目でドラレコを付けていなかったら

 

この人達は犯罪者、違反者扱いのままです。

 

警察も人間だからミスがあるのはしかたない?

警察といえども人間なのでミスがあるのは仕方ないとは思いますが、この2件とも杜撰なのが気になるところです。

 

1件目も2件目も見間違いなんですよね。

 

特に2件目が酷くて、青信号を赤信号と錯覚したって意味不明過ぎる。

 

こんな理由ってありなのかな。

 

何か、ノルマがあってなりふりかまわずになってる感が否めません。

 

知り合いに警察官がいましたが、前にノルマってやっぱりあるの?と聞いた時に無いときっぱり言い切っていましたが、信用できませんね。

 

交通違反は現行犯が基本だからしかたない部分があるとしても、下手したら人の人生に関わることなので、もうちょっと何とかならないかなーと思いますね。

 

例えば、警官の目線のところに超高性能カメラをつけておいて常時警察官が見ているのと同じ視界で録画しておいて、違反者を捕まえる際には必ず動画確認をするとか。

 

それをやっていたら少なくとも今回の2件目は発生しなかったと思うんですよね。

 

逮捕って(違反切符も)軽い話ではないので、ミスがあるという前提でそれくらいはやって然るべきだと個人的には思います。

 

警察は信用できるか

これは私が知り合いに実際に聞いた話なんですが、酷い覆面に捕まったことがあるらしいです。

 

ある日運転しているとめちゃくちゃ後ろのセダンに煽られる

焦ってスピードを出すと急にサイレンを鳴らして来て実は覆面パトカーでした

スピード違反で捕まる。

 

完全に捕まえるために煽ってるやないか!という案件。

 

あくまで聞いた話ですし、話していた人が話を盛っていた可能性もありますが、かなり昔の話でドラレコなども一般的に普及が進んでいなかった時の話で実際にありえなくはないなと思っています。

 

こういうことが実際にあったとしたら怖いなんてもんじゃありませんよね。

 

ドラレコが普及して本当に良かったなと思います。

 

余談ですが、私は普段からセダンにはかなり気を付けています(笑)。

 

特に妙に遅いセダン。

 

まとめ

こういった案件から学ばなければいけないなと思うのは、自分の身は自分で守らなければいけないなということです。

 

この場合は身を守ってくれるはずの警察から、自分の身を守るというちょっと混乱する話になってしまうんですが(笑)。

 

対策としては、とにかくドラレコを付けることと、警察を100%信用しないことが重要かなと。

 

私の場合は本当に警察を信用していないので、ドラレコを提出する場合は事前に自分でドラレコの内容のバックアップを取ると思います。

 

いざドラレコを提出して、不備でドラレコを壊してしまって証拠隠滅みたいなことを普通にしてくると思っている程度には信用していません。

 

自分でバックアップさえとっておけば、壊されたのがわかった瞬間に速攻でSNSに拡散希望タグでも付けてアップということもできますし。

 

市民の安全を守る警察は絶対的に安心できる存在である必要があると思いますが、こういう誤認案件も実際に全国で発生しているのでやっぱり自衛は必要だなと思います。