サボログ×てんログ

※ブログ説明※

MENU
しばらく商品紹介、アプリ紹介多め!

【クマに食われてみた!】グリズリーマンという怪作を紹介【問題作】

20190630184106

f:id:shironopoem:20190620062006j:plain

いつも来ていただきありがとうございます。

 

サボログ×てんログ運営のサボり(@kuronopoem)です。

 

私は動物のドキュメンタリー作品が好きで良く見るのですが、今まで見たドキュメンタリー作品の中で特に印象に残っている作品がありますので紹介です。

 

2回程見ましたが、あまりにもインパクトがあり内容を強く覚えています。

 

マイナーな作品だと思います。

 

 

概要

12年間にわたってアラスカでグリズリーの保護活動をしていた男、グリズリーマンことティモシー・トレッドウェルの姿を描いたドキュメンタリーである。

 

トレッドウェルは、後に発表するつもりで自らの活動を細かくハンディカメラに記録しており、本人は2003年10月5日、カトマイ国立公園でガールフレンドと共にグリズリーに襲われて死亡したが、莫大な映像が残された。

 

本作は基本的に、その残された映像、つまり生前の彼自身が監督・出演しているセルフドキュメンタリーフィルムによって構成されている。

 

トレッドウェルが熊に襲われた時も、ハンディカメラはキャップがついたまま作動していた。

 

そのため、熊に食われていくその過程がリアルタイムに音声記録として残された。

 

ただし本作では、監督がその音声を聞き「もう消した方がいい。絶対に聞いてはいけない」と遺族につぶやく姿を映すのみに留められている。

 
簡単にまとめると、クマが好きな博士が体を張って生態観察をしているとある日クマに食われてしまいました。

 

今まで撮影したリアルな映像がせっかく大量にあるんだからドキュメンタリーで出そう。

 

この様な流れで世に出ることになった作品だと解釈しています。

 

クマの生態に加えて、博士が死んだ時の話などを関係があった人物がリアルに話すシーンなどから構成されています。

 

YouTuberが可愛く見える程の無茶をする人物

完全に頭がおかしい人が主人公。

 

クマが可愛くて好きという人は多いと思いますが、この人はあまりにもクマを愛し過ぎています。

 

クマの中でも大型で特に危険な種類のグリズリーが大好き。

 

グリズリーってこんなの↓

f:id:shironopoem:20190620062116j:plain

 

グリズリーが大量に巣くっている森で何日も一緒にテントで生活しながら動画を撮っています。

 

こんな感じ

f:id:shironopoem:20190620062559j:plain

 

リアル野生児。

 

これヤバイことですよ。

 

YouTuberがちょっと体を張って無茶をして面白おかしい動画を撮ったりしますが、そんなレベルの無茶じゃないですw

 

文字通り命をかけています。

 

これを見たら体張る系のYouTuberって大したことないんだなーと錯覚してしまう様なマジモンのイカレ野郎です。

 

ファッションでイカれた感じを演出しているのではなく、素でイカレていてぶっ飛んでいるのがこの人。

 

テントの中で自撮りするシーンなどもあるんですが、周りはクマがうようよいるわけで、いつテントに入って襲ってくるかわからないんですよね。

 

参考画像

こんにちは!

f:id:shironopoem:20190620062419j:plain

 

 

ひえー

f:id:shironopoem:20190620062434j:plain

 

想像しただけでめちゃくちゃ怖いことをしています。

 

あまりにもリアル

TV番組などでグリズリーが出てくる場合は檻がセットです。

 

f:id:shironopoem:20190620062634j:plain

 

これ当たり前。

 

クマはめちゃくちゃ危険で、人間なんて気分次第で速攻で食われてしまいます。

 

三毛別羆事件を知っている方は多いと思いますが、クマはマジで怖い。

 

ぬいぐるみだと可愛い

でも、実物はめちゃくちゃ怖いです。

 

f:id:shironopoem:20190620063946j:plain

 

このグリズリーマンは自然の中で檻なども使わず裸一貫で撮影しています。

 

檻にも入らず、グリズリーの鼻先に触ったりしているんですよね。。。

 

そこらへんのドキュメンタリーと緊迫感が桁違い。

 

本当に見たらわかりますが、いつ襲われるんじゃないかと冷や冷やします。

 

心臓が弱いと見るのが辛い。

 

実際に明らかにクマが襲ってきそうになるシーンが何回もあります。

 

f:id:shironopoem:20190620063921j:plain

 

あーエサだと認識されてるーみたいな。

 

その度に怒鳴ったり、手を振りかざす様な動作で追い払ったりして事なきを得ています。

 

ここは俺の縄張りだぞとわからせることが重要らしい。

 

また、ビデオカメラで自分の数メートル後ろにクマという構図で自撮りをしているシーンがあるのですが、クマがいつ襲ってくるかわからないので結構な頻度で後ろを振り返りながら話しているシーンがあります。

 

緊張感があり過ぎる。

 

自分も同じ状況なら同じ様にしてしまうんだろうなーという感じ。

 

同じ状況なんて絶対になりたくないんですけどね(笑)。

 

また、自然の中で生活しているので狐だったり他の野生の動物がくつろいでいるような珍しい生態なども映しています。

 

とにかく何から何までリアル過ぎる。

 

【超閲覧注意!】実際に食われている最中の音声

博士がクマに襲われている際にカメラのスイッチが入っていたままになっていたので食われる際の叫び声などがリアルに残っていたようです。

 

メンタルが弱い人は絶対に聞かない方が良いと思います。

 

www.youtube.com

 

まとめ アマプラで視聴可能です!

自然系や動物系のドキュメンタリーは良い感じのBGMだったりナレーションがあったりするものなのですが、この作品は基本無いです。

 

良くあるドキュメンタリーと全然違うんですよね。

 

ひたすら博士がしゃべり倒しつつクマを観察する。

 

または関係者が博士の人となりを喋る。

 

これだけ。

 

そんな斬新さが逆に記憶に残る作品です。

 

ありがちなドキュメンタリーを期待して見ると拍子抜けだったり、つまらないと感じる人はいると思うので、人を選ぶ作品なのかなーと。

 

ただ、本当に何から何までリアル。

 

1年のうち数カ月クマと一緒に過ごす生活を10年以上続けて映像に収められる人なんて当たり前ですが今後出てくるはずがありません。

 

頭がおかしいこの人にしか撮れない生の映像がそこにはある。

 

こんな作品は今後100%出てこないという意味では唯一性がとても高い作品と言えるかと思います。

 

この問題作ですがアマプラで無料視聴が可能ですので、ありきたりなドキュメンタリーに飽きてたまには尖った作品が見たい!という人は是非!

 

30日間無料ですが、自分も入っています!

>>AmazonPrime30日間無料トライアルに申し込む!

 

アマプラで見ることが出来る他のクマ作品

パディントン

f:id:shironopoem:20190620064551j:plain

可愛いクマが出てくる作品。

 

ベアーズ

f:id:shironopoem:20190620064452j:plain

正統派?なドキュメンタリー作品。